BOOKINGX

この度KEYVOXスマートロックサービスの関連サービスとして、WEB版予約エンジン、BOOKINGX(ブッキングエックス)リリースしました。

BOOKINGXはKEYVOXサービスの使い勝手を大幅に拡張する、WEB用予約エンジンです。今まではKEYVOXサービスで予約を取る場合は、ゲストがiOSかAndroidの無料アプリ(KEYVOX GoかMy KEYVOX)をダウンロードする必要がありました。アプリはアプリで、リピートユーザーに最適な使い勝手を提供し、Bluetoothでも解錠ができるなど、その優位性は多数あるのですが、PCで施設を発見したゲストが直ぐに予約できないなど、発見から予約までの転換率に課題がありました。

今回、BOOKINGXはこの課題を一気に解決させるテクノロジーとしてリリースされます。BOOKINGX自体はGoogleが推進する最新のクロスプラットフォーム用フレームワーク、「Flutter」で開発されています。Flutterを使うことで効率よく、iOS, Android, PC WEB, スマホWEBの開発が可能となりました。特にスマホ用のWEBブラウザのUIはほぼネイティブアプリと遜色のない使い勝手を提供します。反面課題が多いのがPCブラウザー用のUIです。今回BOOKINGXでは何度もUI改善を実施し、PCとスマホのいい部分を抽出したUIとして提供を開始しました。まだまだFlutter側の制約でできないことが多いですが、巷の昭和な予約エンジンと比べて、未来感のあるUIの提供はできているかとは思います。

BOOKINGXも含めたKEYVOXサービスの最大の特徴は、そのサービスとして提供される将来性です。買い切りパッケージではなく、Software as a Serviceとして提供されるBOOKINGXは、お客様のご要望を聞きながら成長するサービスです。導入したその日が進化の始まりです。

今回特にWEB版として注力したのが下記の3点です。

1.モバイルレスポンシブ

2.地図検索

3.ログインや検索の継承

BOOKINGXを使ったブロックチェーンロック五反田ショールーム予約画面

1つ目のモバイルレスポンシブは、言うまでもなく最近のアクセスの50%以上はモバイルです。モバイルで見た時に最適に表現されるよう、最大の努力をしています。特にアプリをご利用のお客様から見て違和感のないUIの提供が大きなポイントです。モバイルかどうかは横幅770pxでの判断となります。

2つ目の地図検索は、モバイルであればロケーションを簡単に取得でき、そこからの検索が自然ですが、PCはロケーションを取得できないことも多く、社内でもよく議論しました。結果、リストでの検索は施設名や概要の検索とし、地図画面での検索は先ずは、地図を検索してその近辺にあるKEYOVX施設の表示という方法をとっています。これはGoogle Mapを使うときの通常の使い方と同じで、ユーザーにも違和感なく取り入れられると思います。

3つ目はログインや検索結果の継承です。アプリであればそもそもログインしてから始まるのですが、PCにした途端に全くの外部サイトからの流入が増えます。外部から流入した際にいきなりログイン画面があると、当然ですが多くのユーザーが離脱するでしょうし、Google等の検索エンジンも検索できなく、結果流入も少なくなります。この場合、予約をしようとした時にログインを促す等のステップの改善をするのですが、そもそもFlutterで作っているのでそう簡単にはいきません。試行錯誤の末、BOOKINGXでは、ログインは予約ボタンを押したとき、検索結果は予約ステップまで継承するように改善できました。今後もFlutterの限界と理想的なUIの狭間で改善を続けていきます。

全く新しくなったBOOKINGX予約エンジンがあれば、今までのようにサードパーティーの予約エンジンと、スマートロックサービスを連携できるのかどうかと心配しながら購入する必要がなくなり、KEYOVXが対応するスマートロックを購入するだけで簡単に空間の予約を取ることができるようになります。KEYVOXが定義する空間の予約は幅広く主に次のものに対応します。ひとつでもご自身のビジネスと関係するのであれば、KEYVOXを買わない理由はありません。

  • ホテル、民泊、簡易宿所
  • 社員研修施設、セミナーハウス
  • 貸し会議室、レンタルスペース
  • コワーキングスペース
  • シェアオフィス、レンタルオフィス
  • ドロップイン利用
  • 予約なし月間使い放題利用
  • 予約あり月間使い放題利用

皆様の業務は含まれていましたか?含まれている場合はBOOKINGXと共に新しい、ユーザー体験の提供を開始しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です