A I顔認証・検温・入退室・勤怠・混雑状況を遠隔で一元管理できる「SECURE AI Office Base」を提供開始

監視カメラシステムや顔認証ソリューション、無人型店舗などを提供する株式会社セキュア(本社:東京都新宿区)が、AI顔認証、AI体温測定、出退勤打刻、などの勤怠を一元管理できる入退室管理ソリューション「SECURE AI Office Base(セキュアエーアイオフィスベース)」を提供開始しました。

▼「SECURE AI Office Base」とは
SECURE AI Office Baseは、企業のオフィスとしてのあり方が多様化する時代に対応するための「リモートオフィス運営クラウドシステム」です。
AIを活用して社員の安全と働きやすさを追求する企業、従業員規模数十名から千人超えの企業まで幅広く対応できるシステムです。

▼主な特徴
「SECURE AI Office Base」の主な特徴を紹介します。

特徴1:マスク検知と検温を同時に実現
顔認証システムにより、入退室を無人で管理可能です。
入り口でマスクをしていない人を検知してアラートを鳴らすなどの対応ができるようになります。
また、この入退室管理だけで社員の出勤、退勤などの勤怠データを記録することが可能です。もちろんカードなど不要で非接触認証も可能です。
社員以外のゲストは、スマホで顔写真を送ることでワンタイムパス発行で入室可能です。

特徴2:入退室による勤怠をクラウドで管理
入退室により蓄積した勤怠管理はクラウド管理が可能です。
出勤データをひと目で確認できることで、オフィスの課題やコスト管理を効率的に行えるでしょう。
サテライトオフィスなどの多拠点オフィスでもまとめて管理できます。また、蓄積されたデータはパソコンだけではなくスマホからも確認可能です。

特徴3:新型コロナ対策と社員確認
広いオフィス内では、社員の居場所がわからないといった状況にたびたび遭遇します。
誰がオフィスにおり、どこで作業しているのかがわかるようになっています。
万が一、社員で新型コロナウイルスの感染が確認された場合でも同じ日や時刻に接触したと考えられる社員をリストアップして迅速に対応可能です。
オフィス内の混雑度や利用状況を管理画面に表示し、管理者が把握できます。

▼運営会社概要
社名:株式会社セキュア
代表:代表取締役 谷口 辰成
本社所在地:東京都新宿区西新宿二丁目6-1 新宿住友ビル20F
URL:https://secureinc.co.jp/
設立年:2002年10月
資本金:2億9,400万円
事業内容:物理セキュリティシステム・AI(人工知能)・クラウドサービスの企画・開発・販売・運営
画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000052942.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です