3D仮想空間メタバースで羽衣国際大学の学生達がフィリピン人英語講師とVRでライブ英会話レッスン!

フィリピンオンライン留学・国際交流などのオンライン教育事業を運営するClassmate株式会社(クラスメイト)(本社:大阪府堺市、代表取締役:井坂浩章)と羽衣国際大学 共通教育開発センター(大阪府堺市)は、共同でMeta社(Facebook)のバーチャル会議アプリ「Horizon Workrooms」とバーチャルリアリティ用デバイス「Meta Quest 2」を使って、3D仮想空間メタバースの会議室内で、同大学の大学生達がClassmateのフィリピン人英語講師から英語のスピーキングレッスンやフィリピンの異文化についての授業を受けました。お互いアバターなので対面やビデオ会議システムでのオンライン英会話レッスンより、緊張が少なく話しやすいと学生達から好評でした。※2021年12月17日(金)に実施

  • ​実施背景

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年から羽衣国際大学の学生達は予定していた海外留学が全て中止になり、今だに海外留学や国際交流ができていません。

でもそれを理由に学生達の学びや国際交流を止めたくないという思いで、羽衣国際大学とClassmate株式会社は、2020年の夏休みから、海外に行けなくてもネット環境があれば自宅や学校の教室から2Dバーチャル空間にあるClassmateの語学学校内でフィリピン人講師によるマンツーマンレッスン、ライブスタディーツアーで現地の町並みを見たり、英語で街頭インタビューしたり、フィリピン現地の大学生とオンラインで国際交流を安全・安心に実施してきました。

今回は、2Dバーチャル空間からさらにリアルの留学に少しでも近づけるように3D仮想空間メタバース内で、フィリピン人講師とレッスンをするとどうなるか、共同で実証実験を行いました。

  • Meta社のバーチャル会議アプリとVRデバイスを利用

Meta社(Facebook)のバーチャル会議アプリ「Horizon Workrooms」とバーチャルリアリティ用デバイス「Meta Quest 2」を使って、3D仮想空間メタバース内に用意されたClassmateのバーチャル会議室に入って、フィリピンにいる英語講師達と羽衣国際大学の大学生達が、ライブでVR英会話レッスンを受けました。
 

  • 【動画紹介】メタバース内での実際の授業風景一部紹介
  • メタバース内では「実際に隣にいる」ような感覚が不思議

Meta Quest 2が内蔵している音声の品質が非常に高く、音声の遅延が従来のビデオ会議システムなどと比べて短く、通話中の違和感が全くないです。 また、会議室内では立体音響システムを使っているため、声は相手がいる方向から聞こえてきて、実際の空間内で話をしている感覚に近いのを全員が体験。さらに、声に合わせてアバターの目や口も自動で動き、顔の表情も変わったりしますので驚きです。※実際の教室内では生徒達はマスクをしています。

  • アバターなので対面より緊張感が少なく話しやすい

お互いアバターで話すので対面の英語レッスンやオンライン英会話より緊張感が少なく先生もアバターで親しみやすく話しやすい!と参加した生徒達が話をしていました。大学の共通教育開発センターから参加した2名の職員も驚くほど、生徒達は、普段の授業と違い英語を積極的に話をしていました!
 

  • うなづいたり身振り手振りができて、非言語コミュニケーションも可能

ハンドトラッキング技術によってコントローラー無しで、手が動かせる事により自由に身振り手振りができました。また、従来のビデオ会議システムではパソコンのカメラの位置もあり、お互いのアイコンタクトが難しかったが、メタバース内では実際に対面しているような状態なので、お互い目と目でアイコンタクトがしっかりでき、相手の話に耳を傾けたりうなづいたりする事ができ、リアルに近い非言語コミュニケーションも可能でした。

  • プレゼンテーション、スピーチ、ディスカッションなどの少人数グループで活用できる

バーチャル会議室内では、バーチャルホワイトボードがあり、コントローラーをひっくり返してペンのように書くことでき、パソコンと連動できるので、パワーポイント資料、英語教材、写真などをバーチャルホワイトボードに張り付ける事もできます。また、部屋内は、3種類の座席レイアウトがあり、目的により変更できます。例えば、プレゼンテーションするための座席レイアウト、ディスカッションしやすいレイアウトに簡単に変更ができます。

今後は、少人数グループで、プレゼンテーション、ディスカッションなどの発信力強化のための練習に使用していく事を検討していきたいです。

  • 将来は、オンラインとリアルの良さを組み合わせたハイブリット留学を提供

現在、新型コロナウィルスの世界的パンデミックのため、留学は全てオンライン留学で対応していますが、将来、終息していけば、春休み、夏休みなどの短期留学や海外研修などの再開が可能になってきます。その際、留学前からオンラインで英会話のレッスンやオンライン国際交流などの事前準備をする事ができます。その上で、実際に留学してオンラインで共に学んだ現地の先生や生徒達と会えば学習効果は高まります。さらに、現地での英語×体験アクティビティの時間を増やすことにより留学の価値はさらに高まると考えています。
 

  • 大学生で留学できるのは3.8%

全国の大学生総数は,約262万人ですが、そのうちで、大学経由などで留学できる人数は、コロナ前の2019年で107,346名の約3.8%です。多くの大学生は留学費用の高さ、時間制限、距離、不安、英語力不足などの問題で、留学を行きたくても諦めている方もいます。

Classmate株式会社が提供しているオンライン留学は、従来の留学と比べても安全、安心、安価でできます。留学できる方には、現地留学に行って頂き、諸事情で行けない生徒にも現地とオンラインライブで繋ぐ事により学習の機会を創っていきたいと考えています。

  • Classmate株式会社について

2D、3Dのバーチャル空間内で英語×異文化×国際交流をワンストップで提供するオンライン留学サービスを提供。フィリピン留学パイオニア校CNE1と連携する事により、リアルとオンラインのハイブリット留学を提供する事が可能。※Classmate代表の井坂はフィリピン留学パイオニア校CNE1の共同創業者。

海外に行けなくてもネット環境があれば自宅や学校の教室から海外留学と同じ授業が受けられて、現地の異文化理解や学生達と国際交流が安全・安心・安価で受講できる。 コロナ禍で国境が封鎖されても2D、3D仮想空間の中にあるバーチャル教室で、日本とフィリピンの学生達の学び合いが継続できています。

◆学校向けオンライン留学 21校の導入実績、累計770名以上の体験者!

Classmateのオンライン留学、国際交流がなぜ、人気なのか?
1)語学・異文化・国際交流の留学要素をオンラインでワンストップ提供
2)フィリピン留学パイオニア校CNE1の研修を受けた質の高い講師が担任として指導
3)授業などの要望を柔軟にカスタマイズ、個別提供も可能。
4)授業時間は1時間から6時間など柔軟に対応
5)2D、3Dのバーチャル教室がありアバターで他の講師や生徒達と国際交流や雑談が可能
6)オンラインとリアルのハイブリット留学(フィリピン留学パイオニア校CNE1と連携)

口コミで合計5,300名以上卒業生(リアル&オンライン留学)

【会社概要】
会社名:Classmate株式会社(クラスメイト)
所在地:〒590-0077大阪府堺市堺区中瓦町1-4-22 大阪信用金庫堺東ビル2F
代表取締役社長:井坂 浩章
設立:2021年5月19日
事業内容
 1.オンラインでの語学学校運営
 2.学校向けオンラインALT事業
 3.オンライン国際交流・協働支援事業
 4.海外留学研修サポート事業

Mission ミッション
教育を通じてオープンな世界へ!
Open World through Education
Vision ビジョン
世界中のクラスメイト達と教え学び合う未来へ!
Collaborative Learning with Classmates around the world!

URL:https://classmatejp.com

【お客様からのお問い合わせ先】
《オンライン留学相談窓口》
Classmate株式会社
担当:伊奈垣 e-mail:support@cne1classmate.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
Classmate株式会社(クラスメイト)
担当:井坂、伊奈垣 e-mail:support@cne1classmate.com

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000082067.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です