面接会場としてのレンタルスペース・貸し会議室の需要

会議やセミナー目的で貸し会議室を使う人が多いですが、アルバイトや就職・転職の面接にも貸し会議室は使われます。自社の事業所で面接を行うよりも、貸し会議室を会場にした方がいい場合があるのです。

この記事では面接会場として貸し会議室を使うことのメリットを紹介します。

プライバシーが守られる

貸し会議室は利用者しか入室できないので、プライバシーがしっかりと守られる特徴があります。

カフェなどで面接をする際、周囲に人がいることがほとんどです。会話の内容を誰かに聞かれてしまうこともあります。また、面接をしているところを他の人に見られたくないという人は多いです。特に転職や副業を考えている人はその傾向があります。

会話を誰かに聞かれたり、他の人に見られるというリスクが貸し会議室やレンタルスペースでの面接ではありません。プライバシーの保護を徹底した上での面接が貸し会議室では可能なのです。

交通の便がいい

「実際に働く場合は遠方の事業所でも引っ越すなどして通勤するが、面接のためにわざわざ手間をかけたくない」

という人は多いです。このように交通の便の悪い事業所で面接を行おうとすると、人材を集めるチャンスを失います。優秀な人材をできるだけ多く集めるためには面接会場の交通の便の良さも重要な要素なのです。

貸し会議室やレンタルスペースを使えば交通の便のいい場所で面接などの採用活動ができます。駅近や大きな駅から歩いて行ける範囲にある貸し会議室を利用すれば、入社希望者も集めやすくなります。優秀な人材を確保するチャンスが広がるのです。

用途に合わせた使い方ができる

面接にもさまざまな種類があります。個人面接だけでなく、集団面接など一度に集まる人数も場合によって異なります。面接を開催する際には面接の形態に合わせた会場を用意しなければなりません。

広さを選べる貸し会議室やレンタルスペースを使えば最適な面接会場を用意できます。自社内で適切な広さの部屋を用意しようとすると場所の準備などにコストがかかりますが、貸し会議室は低コストで部屋を用意できます。

まとめ

企業の面接会場としての貸し会議室・レンタルスペース需要はあります。採用活動をサポートするサービスとして貸し会議室は注目を集めているのです。面接会場としてのニーズも意識して貸し会議室・レンタルスペースを運営しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です