非接触ロッカーを使用した無人販売サービス「LOCKAL(ロッカル)」が実証実験を開始!

企業向け農場シェアリング事業や企業版ふるさと納税事業など、さまざまなプロジェクトを行っている「株式会社ファームフェス(東京都)」は、新たにポストコロナ時代の空きスペース活用サービスを予定しています。
「地域」と「食」の無人販売を通じた新たなコミュニケーション需要を開拓します。

「LOCKAL(ロッカル)」とは

無人ロッカーサービス「LOCKAL(ロッカル)」は、AIやIoT技術を活用した新たな無人販売ツールです。
今後は、生産者募集や野菜以外の生鮮品や加工品などへ幅広く展開予定であり、画像認識・ビッグデータを活用したツールの導入も予定しています。

第一弾実証実験として中目黒の飲食店からスタート

「LOCKAL」は、第一弾実証実験として中目黒の飲食店「中目黒ラウンジ」の店頭からスタートします。
中目黒ラウンジでは、山梨県北杜市産の有機野菜から無人販売を利用できます。

生産者と地域を繋ぐことに期待

無人ロッカーサービスは、いくつかのサービスが他社からも試験的にリリースされていますが、定着している例は少ないのが現状です。
株式会社ファームフェスは、農家と地域を繋ぐためのさまざまなサービスをリリースしてきました。地方団体、地域事業者、企業を繋ぐ事業を行ってきた企業だからこそ、大きな時代の変わり目になるポストコロナに残るサービスとなるのではないかと期待しています。

ポストコロナの農作物販売

新型コロナウイルス感染拡大により、人々の消費者意識が大きく変化しています。
休業要請によって飲食店が利用できないことを受け、「巣ごもり需要」とも呼ばれるデリバリーサービスや在宅で食を楽しむサービスが増加しました。
しかし、調理に使用する食材を購入するにはスーパーに足を運ぶか、ネットスーパーなどのデリバリーサービスを利用するなど、方法が限られてしまいます。
特にネットスーパーは、生産者の顔が見えない。店頭販売よりも商品数が少ないなどのデメリットも挙げられます。実際に、新鮮な野菜や生鮮食品を購入するには今後、無人ロッカーのような無人・非接触ロッカーが利用されていくと考えられます。
今回、実証実験を開始した「LOCKAL」の結果に注目が集まりそうです。

運営会社概要

社名:株式会社ファームフェス
代表取締役社長:小平 勘太
設立年月日:2015 年 10 月 13 日
公式ホームページ:https://farmfes.com/
住所:東京都目黒区青葉台 1 – 30 - 8 CASA青葉台 7 階
事業内容:農場シェアリング事業、地域ファンドレイジング事業、WEBプラットフォーム運営事業、法人向け農業コンテンツ提供事業
提供元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000020350.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です