静鉄のコワーキングスペース・シェアオフィス「=ODEN」9月28日に開業決定

鉄道や不動産事業を展開している静岡鉄道株式会社(本社:静岡市葵区鷹匠)が、2020年9月28日(月)に開業予定のコワーキングスペース・シェアオフィス『=ODEN(イコール・オデン)』を紹介していきます。

▼コワーキングスペース・シェアオフィス「=ODEN(イコール・オデン)」とは
静岡県静岡市に誕生したコワーキングスペース・シェアオフィス「=ODEN(イコール・オデン)」は、静岡で幅広い事業展開をする静鉄グループが開業したスペースです。
おでんの具のように一人ひとりの異なる個性を集めることから名付けられた施設です。
ビジネスの人脈を広げるための空間や交流が生まれやすいオープンキッチンや作品展示スペースなどにも力を入れています。
ワーカーのみならず、地域の人々や大学とも連携したビジネスやイベントも開催予定です。
静岡でのテレワーク・コワーキングスペースとして注目を集めていくでしょう。

▼施設概要
名称:「=ODEN(イコール・オデン)」
住所:〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠2丁目8−10

施設1階:コワーキングスペース・展示スペース・キッチン
キッチンを中心とした交流を促進するデザイン
施設2階:シェアオフィス・会議室・テレビカンファレンスルーム
落ち着いて仕事ができる固定席
新たな働き方に対応した会議室やテレビカンファレンスルーム

アクセス:
・「静岡鉄道」からお越しの方
「新静岡」駅から徒歩約3分
・「JR東海道本線」からお越しの方
「静岡」駅から徒歩約10分

▼「=ODEN(イコール・オデン)」の特長
コワーキングスペース・シェアオフィス「=ODEN(イコール・オデン)」の特長を3つ紹介します。

特長1:交流が生まれやすい空間
「=ODEN(イコール・オデン)」には、作品展示スペースやオープンキッチンなど、自然に交流が生まれやすい空間づくりが行われています。
また、希望すればコミュニティマネージャーが交流サポートも行ってくれます。
運営企業の静鉄グループはもちろん、コワーキングスペースに集まる企業や、異業種の人々との交流によりビジネスアイデアや人脈の広がりを期待できるでしょう。

特長2:モニター付き会議室も完備
オープンスペースだけではなく、会議用のモニター付き個室も完備しています。
プロジェクターなどの設備も充実しているため、ビジネスシーンにも安心して利用できるでしょう。

特長3:イベント開催も可能
さまざまな利用方法に対応可能であり、イベント開催や展示会の開催が可能です。
イベントに参加してスキルを磨くことも可能となるでしょう。

▼運営会社概要
社名:静岡鉄道株式会社
本社所在地:〒420-8510 静岡市葵区鷹匠一丁目1番1号
事業内容:鉄道・索道事業 不動産事業 附帯事業(広告・ゴルフ場・リゾートホテル・ビジネスホテル・介護・カード)
公式サイト:https://www.shizutetsu.co.jp/
画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000012627.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です