運営者インタビュー|シンガポール発のプレミアムコワーキングスペース&シェアオフィス「JustCo新宿ミライナタワー」オープン後1ヶ月半…実際のとこどうですか?

シンガポール発のプレミアム コワーキングスペース&シェアオフィス「JustCo」が、2022年11月にオープンした「JustCo新宿ミライナタワー」。新宿駅に直結している新宿ミライナタワーの18階という好立地に、433席という規模で誕生したワークスペースです。

SPACE RENTAL TODAYでも、オープンに際して、その規模感や充実した施設をご紹介しましたが、今回はオープンして約1ヶ月半が経つ今の「JustCo新宿ミライナタワー」のリアルな様子について、JustCo DK Japan 株式会社の広報担当である神原さんにインタビューしました。


「連載|コワーキングスペース、実際のとこどうですか?」

「コワーキングスペースをオープンしました!」という記事は多くありますが、オープンしたその後のリアルについて触れる記事はあまりありません。この連載では、気になるコワーキングスペースの担当者様に直接お話を伺って、思想や理想を深堀しつつ、リアルな運営の様子をお伝えします。


場所選び、空間設計の背後にあるもの

―すばらしい立地と、内装ですね。シンガポール発、世界展開されているJustCoの背景からも「世界レベル」というフレーズが浮かびました。どのように場所選び、空間設計をされたのでしょうか?

2022年1月にオープンしたJustCo渋谷ヒカリエ、11月にオープンしたJustCo新宿ミライナタワー、そして来年2月にオープンするJustCoグラントウキョウサウスタワーのいずれも、東京を代表するターミナル駅に直結したトップグレードの商業ビルを拠点開設の場として選んでいます。これは、利便性という点において、会員様のワークスタイル、さらにライフスタイルの向上にも貢献したいと考えているからです。

justco新宿ミライナタワーの外観

空間設計については、シンガポール本社のワークステーションチームがデザインから素材の選定、施工監修まで一貫して担当しており、日本や欧米のデザイナーが創る空間デザインとはまた違うプレミアムな雰囲気をお感じになられる方が多いです。

justco新宿ミライナタワーのワークスペース

―プレミアム感を謳うスペースは多くありますが、JustCoならではのプレミアム感の源泉はなんだと思われますか?

先ほどお話しいたしました、シンガポールのワークステーションチームのこだわりに尽きます。彼らが、全拠点のコワーキングスペースを設計しております。デスクをはじめ多くのインテリアは本国から輸入しています。

空間を作る際には、チームメンバーが実際に日本を訪れ、壁紙、床材などの素材1つ、照明1つとっても、実際に手で触れ、見た目だけでなく、質感、使い勝手を確かめて手配しています。そして、納得した上で本国に帰る。そのような、妥協のない突き詰めた姿勢が、プレミアム感を生み出しているのだと思います。

justco新宿ミライナタワーのキッチンスペース

―日本では渋谷ヒカリエに続く2店舗目の出店となります。日本の労働環境にどんなインパクトを与えたいという思いがあるのでしょうか?

コワーキングスペースは年々増加傾向にあり、十分な施設数が担保されているとお考えになる方も多いと思いますが、実際に東京におけるオフィス市場をみますと、コワーキングスペースとして登録されているスペースは全体のほんの数%にも満たない状況です。

コロナ禍を経て企業や地方自治体がよりフレキシブルなワークスタイルを導入しようと動き出している今、私たちはその動きを支えられるように、フレキシブルワークスペースの提供を拡大したいと考えています。

JustCoの集客力の源は?

―オープンから約1ヶ月半経ちましたが、どんな方々が、どんな点に魅力を感じ利用されていると感じますか?

会員様のお話をお伺いしていますと、まず圧倒的なロケーションの良さと、施設内のプレミアムさと快適様が融合したような空間デザインを評価くださっています。

そして何より嬉しいことは、私たちの各拠点に常駐しているコミュニティメンバーとの日頃の会話やり取りを通してホスピタリティ面も評価くださっているという点です。

―実際に、どんな方が会員となられているのですか?

やはり、外資系の企業様が多いですね。IT系の企業やスタートアップ企業など、本当に様々な方が会員になってくださっています。

―JustCo渋谷ヒカリエは500ほどの席数を有しながらも、9割ほどが稼働していると聞いて驚きました。JustCo新宿ミライナタワーはオープン間もないのでそこまでではないかと思いますが、JustCoの集客力を感じました。ユーザーの皆様は何で知ってこられているのですか?

実は、JustCo渋谷ヒカリエはオープンしたその月から9割が埋まっているんです。誰もが知る外資系IT企業様が複数法人契約してくださったということもあります。他にも、隣にはgoogle本社があり、日本有数のエンタメ企業が集約している立地に、JustCoが日本初出店するということで、待っていました!とばかりに集まってくださいました。

―数時間や、1日限りの利用がしやすいドロップインの仕組みを用意するコワーキングスペースが多い中、月契約での利用が打ち出されています。その狙いを教えてください。

月契約の会員様がセキュリティという点においても、スペースのゆとりや、私たちがご提供するホスピタリティサービスの質の維持という点においても、安心して快適にご利用いただけることを最優先しており、まずは月契約での利用をお勧めしております。

justco新宿ミライナタワーの個室ルーム

ただ場所を用意するだけではない、JustCoのサポートとアメニティ

―アメニティが非常に充実していますね。ビデオ会議システム、電話ブース、イベントスペース、会議室にパントリーなど。特に活用されているものはどれでしょう?

会議室はありがたいことに連日予約でいっぱいの状況です。電話ブースも多くの会員様に1日中ご利用いただいている状況です。イベントスペースは、法人会員様がお得意先企業様を集めたセミナーやパーティー等でご利用いただいております。

justco新宿ミライナタワーの会議室

―常駐しているコミュニティチームのサポートがあるとのことですが、どのようなサポートを実施されているのでしょうか?JustCoならでは、という内容やエピソードがあればぜひ教えてください。

法人登記をされている法人会員様が多いため、郵便物の受け取りをはじめ、お得意先企業様のご来社時のサポート、イベントの企画・運営のお手伝い、プライベートオフィス内の内装のご相談を受けたりといったことがあります。

また、月に何度かコミュニティチーム主催のイベントも開催しております。特に毎月5日に「Justご飯」というイベントを実施し朝食をご提供しておりますが、特別な老舗店の焼き芋や、職人さんを招いてのおにぎりなど、イベントの内容にもこだわっており、会員様にご好評いただいております。

また、JustCoの会員様には外資系企業様が多いことから、全ての拠点の全てのコミュニティスタッフはバイリンガルな人材を採用し、日々のやり取りやメールやアプリでのご案内は日本語と英語の両方で行なっております。

justco新宿ミライナタワーのコンシェルジュ

―海外進出しやすいシステムがあるようですね(JustDesk Umlimitedまたはプライベートオフィスを契約した場合は、世界40箇所で展開するJustCoセンターも利用できる)。大きな特色かと思います。どのような活用をされていますか?先にオープンされているヒカリエの事例からもお聞かせ頂けますでしょうか。

コロナ禍や、昨今の円安の影響、不透明な海外情勢等の影響もあり、日系企業様にとっては海外に拠点を設けて駐在員を置くことが以前のように簡単ではなくなってきました。このような状況の中で、必要な時だけ必要な席数や会議室を利用できるJustDesk Unlmitedサービスのご利用機会やお問い合わせは増えてきていますね。

JustCoの一番の魅力とは?

―多くのコワーキング、シェアオフィスがある新宿ですが、広報担当として、JustCoの一番の魅力はなんだと思いますか?

実は施設やロケーションではなく、「人」だと思っています。シンガポールで11年前に創業し、ユニコーン企業となり、今ではアジア発のコワーキングブランドとしては最大規模にまで成長することができましたが、社内ではお互いをファーストネームで呼び合い、創業メンバーとも議論ができるほどフラットな組織です。

私自身、以前は広告業界におり、転職しJusutCoに加わったのですが、JustCoには言語化できない居心地の良さがありました。それには、先ほど触れたフラットであるという点が関係していると思います。会員様にとっての価値を第一に考え、誰もが公平に議論に参加できる。運営にあたっても、会員様の評価やご指摘に対してデータを取り、すぐに対応を協議しフィードバックをしています。そのことが会員様の満足度の高さに繋がっていると思いますし、「人を生かす企業文化」があるからこそ実現できているのだと思います。

―今後の取り組みや展望について教えてください。

フレキシブルワークプレイスを拡大することは、私たちのワークライフバランスの向上や女性の社会進出なども後方支援できる大切な取り組みだと考えています。

今はすでにニーズをお感じなられている企業様や個人様に対してご対応させていただいておりますが、今後は拠点を拡大しながら、よりフレキシブルなワークスタイルを模索している企業様や団体様に対して、私どもの方からお声がけさせていただき、より柔軟で快適なワークプレイスを一緒に創っていきたいと考えています。

―ありがとうございました。実はこれほど大規模なコワーキングスペースにニーズがあるのか?と内心思っていたのですが、お話しを伺った今「ここなら人が集まるだろう」と自然に思えてしまいますね。今後の情報も、楽しみにしております。

JustCo新宿ミライナタワー

住所:〒160-0022東京都新宿区新宿 4-1-6 JR新宿ミライナタワー 18F

営業時間:月~金、9:00am~6:00pm(営業時間外:土日祝日)

アクセス:

新宿駅(ミライナタワー改札)に直結しています。 小田急・京王・都営地下鉄・東京メトロ各線新宿駅から徒歩1分、 丸ノ内線・副都心線・都営新宿線新宿三丁目駅から徒歩1分、 大江戸線新宿西口駅から徒歩8分、 山手線・総武線・大江戸線代々木駅から徒歩8分

JustCo新宿ミライナタワー紹介ページ:https://www.justcoglobal.com/jp/centre/shinjuku-miraina-tower/

JustCoのご紹介

justcoのロゴ

JustCo(ジャストコ)は、2011年にシンガポールでKong Wan Sing 氏、 Liu Lu 氏、Kong Wan Long 氏の3名により設立。現在は10万人以上の会員を擁し、シンガポール国内で18拠点、アジア主要10都市で合計40拠点を展開している、フレキシブルオフィス市場のアジアにおけるリーディングカンパニーです。日本では大東建託株式会社と提携し合弁会社「JustCo DK Japan株式会社」を設立。渋谷ヒカリエや虎ノ門タワーズオフイスなどハイグレードなオフィスビルでコワーキングスペース&シェアオフィスを展開。リモート&ハイブリッド型ワークスタイルの需要が増加している中で、市場のニーズに応えるべく拠点を拡大中。

オフィシャルWebサイト:https://www.justcoglobal.com/jp/

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000104317.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です