遊休不動産をレンタルスペースとして提供するコワーキングスペースの特徴を紹介!

▼遊休不動産を利用したレンタルスペースとは
新型コロナウィルスの感染拡大により、在宅ワークが主流になっています。
しかし、自宅では家族に気を使う必要があり、仕事の内容を大きな声では話すことは難しいのが現状です。
また、家族が家にいることでストレスが溜まるという話も多く聞かれます。そこで会社でも家でもない第三のオフィスとして注目されているのが「コワーキングスペース」です。
当記事では、遊休不動産を利用したレンタルスペースを紹介していきます。

▼遊休不動産を利用したコワーキングスペースの特徴
コワーキングスペースの特徴を2つに分けて紹介します。

コワーキングスペースの特徴①:充実した設備と環境
ワークスペースとしては必須となるインターネットWi-Fi整備、液晶ディスプレイやホワイトボードもあるため、会議室としても利用可能です。
また、広い部屋もあるため撮影等も可能となっています。紹介している物件は古い木造2階建て住宅をリフォームした物件ですが、2階部分を取り払い平屋にしたことにより開放感が生まれて広々と感じられる構造になっています。
外観は木造のままなので木のぬくもりも感じられる集中空間です。

特徴②:利便性が良い
遊休不動産を利用したコワーキングスペースは、オフィス街の中にあり品川駅、大崎駅と交通の便の良いところにあります。
また、閉館後はきちんと清掃や消毒を専門のスタッフが行うため、衛生面でも安全です。
入場制限もあるのでコロナ対策も万全です。
優良なコワーキングスペースにしか送られない「トップホスト」という称号をもらっています。そして、仕事だけではなくて、趣味の場としての提供や受験生の勉強スペースとしてもお勧めです。休みの日に家族で来て仕事と趣味、家族で別々に楽しむという方法にも利用でいるでしょう。12/1にオープンしたばかりなこともあり、予約が取りやすい状況となっています。

▼利用料金
利用料金
1時間:780円~4980円
基本プラン:3時間980円、6時間780円、商用撮影プラン(2時間~)4980円
(人数制限により最大収容人数は6人~8人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です