起業家のための新しい空間「シェアオフィス&ハウスEVER」若手起業家を育成し投資家ともつながる場所に

起業家やこれから起業したい人など、年齢や経験問わず、新しい挑戦をしたい人のために生活とオフィスを融合させた空間「シェアオフィス&ハウスEVER」が京都に誕生。2022年9月より本格的に始動します。

運営は、京都市左京区にて話題のシェアオフィス「Whatever SHIMOGAMO」を展開する、ワットエバー株式会社と新しく設立したEVER株式会社。開設して間もないにもかかわらず、多くのメディアから取材が殺到するこの空間を今回取材しました。

■シェアオフィス&ハウスEVERとは?

シェアオフィス&ハウスEVERは、何かに挑戦したい若者たちが「起業にかかる初期費用を最低限に」「必要な情報をたくさん学び」「同じ志を持つ仲間と豊かな人間関係を築き」「互いに切磋琢磨し合い」「それぞれの目指す事業の成功率を高める」の5つを入居者に提供することを掲げています。

入居可能人数は12人で、マンスリーでの利用も可能。本気で起業したい若者たちを応援するため、住居・オフィス・作業スペース・打合せスペースを兼ね備えた場所を提供し、より良い事業のスタートを切ることができる場所です。

■利用対象者は?

入居者は、年齢や国籍に関係なく入居することができます。ただし、入居前には事前のプレゼンテーションが必要となります。

また、対象者は入居希望者側か法人側があり、それぞれ提供サービスが異なります。

・入居希望者側に対するサービス:0→1起業を目指す人、事業承継を目指す人、起業は考えてないがプロジェクトに興味ある人たちなどを入居またはオンライン入居させ、育成し法人側とつなげます。

・法人側に対するサービス:法人側の特徴に合わせて情報提供を行います。例えば、急成長している起業家がいた場合、投資家やVCに紹介したり、事業承継を求めている法人に対し、特徴に合致する人物を紹介するなども含まれます。

起業家たちの“本気”を“本気”で応援する場所

シェアオフィス&シェアハウスの融合、投資家と繋がることができる起業家のための場所。そんなありそうでなかった空間は、運営のEVER株式会社・土屋耕喜さんご自身がほしいと思ったものを詰め込んだ場所だと熱く語ります。今回は、その土屋さんにお話を伺うことができました。

ー立ち上げのきっかけをお聞かせください。

僕自身、大学1回生の時に初めての起業をし、今までに5回起業しています。今でこそ、起業家を志望する若者は増えていますが、まだまだマイノリティな存在です。最初に起業した当時も、周りに起業した仲間は少なく、楽しかった一方でとても孤独でした。そんな中で最も必要と感じていたのが、同じ志を持つ者同士の繋がりです。

同じ信念を持つ仲間が住むシェアハウスなら、毎日必ず顔を合わせるし、頑張っている仲間がいるから自分の想いにもさらに火がつく環境にしたいという狙いがあります。

また、僕はカリフォルニアのバークレーに滞在していたことがあるのですが、投資家との接点を持つという視点は、その時住んでいたシェアハウスがモデルになっています。

ーシェアオフィスとシェアハウス、そして投資家を結ぶこの場所の最大の魅力は何でしょうか?

起業にあたっての負担軽減と生活を共にする中で生まれる信頼関係です。先にお話しした孤独感もそうですが、起業にあたっては、住居やオフィスをはじめとするランニングコスト、精神的経済的にも多くの負担がかかります。住む場所、オフィスを共益費込みで一体化させることで、本気で自分の事業に集中できる環境が整っています。

また、一緒に生活を共にするので、どれだけ必死に取り組んでいるかをプライベートも含めて、間近で知ることができる。そのため、投資家たちに対しても安心して起業家の情報開示ができ、親しみを持って投資してもらうことができるというのがメリットだと思います。

入居前にプレゼンテーションを設けているのは、12部屋という限られた枠なので、本気の起業家に利用してほしいという想いがあるからです。

僕がこの場所の管理運営として日々関わり、必要に応じて助言をしたりするのですが、僕自身も13人目の住人であり、入居者のみなさんと同じ立場であることも大切にしていますね。

ーなぜ京都というまちでこのような施設を造ったのでしょうか?

京都は伝統的な歴史ある街として有名ですが、実は「大都市の学生数の人口比で首位」を取る、学生のまち”でもあります。新しい働き方が求められる社会の流れの中で、大学卒業後普通に就職するという選択肢だけでいいのかと疑問に思っている学生も多いです。

学歴社会から学習歴社会の到来で、学生が必要としているのは経験値。そういった経験を起業やフリーランスという形で溜めることができる環境が必要だと感じています。

伝統が根づく京都だからこそ、新しい起業家たちの融合で先進的かつ革新的なものが京都から生まれるのではないかと考えています。

ー今後の展望をお聞かせください。

現在入居者の募集はスタートしており、9月から本格的にサービス提供開始となります。さまざまな人との出会いもあるので、起業している人だけでなく、起業してみたいという人にも入居してもらえたら嬉しいです。

僕たちは本気の夢を持っている人を全力でサポートします。今後は、イベントを開催するなどして、入居者以外の起業家とも交流が持てるような仕掛けもしていきたいと思っています。この場所からたくさんの人に愛される社長たちを排出し、京都をもっと盛り上げていきたいですね!

長期で休学することが難しい学生も、マンスリーから利用できるという土屋さんの熱い想いが詰まったシェアハウスEVER。

京都以外にお住まいの方でも、何か挑戦したい夢がある人はぜひお問合せしてみてはいかがでしょうか?きっと多くの気づきや学び、繋がりなど、きっと人生において大切な時間になることでしょう。

【シェアオフィス&ハウス EVER 概要】

所在地:京都府京都市左京区北白川瀬ノ内町28-1

URL:https://ever-by-whatever.studio.site/

■料金体制(詳細はHP参照)

1F:マンスリー(1ヶ月からの短期入居)の場合:1ヶ月70,000円(要問い合わせ)

2F:マンスリー(1ヶ月からの短期入居)の場合:1ヶ月65,000円(要問い合わせ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です