賃貸住宅「BPRレジデンス大阪本町Q」にコワーキングラウンジが開業決定!

▼「BPRレジデンス大阪本町Q」のコワーキングラウンジとは

東急不動産株式会社が大阪市中央区淡路町にする新築賃貸住宅「BPRレジデンス大阪本町Q」を開業することがわかりました。

「BPRレジデンス大阪本町Q」内には、株式会社SYNTHが運営するコワーキングラウンジが設置されます。

そのデザインするのは、デザイナーズオフィス事業を手掛ける株式会社ヴィスであることも発表しました。

▼「BPRレジデンス大阪本町Q」にコワーキングラウンジの特徴

特徴1:「BPRレジデンス大阪本町Q」

「BPRレジデンス大阪本町Q」は、東急不動産が展開する職住一体型のコワーキングサービス付き賃貸住宅です。

徒歩5分にある「SYNTHビジネスセンター北浜」のラウンジ利用が可能となり、運営会社が連携した多様なサービスの提供を受けることができます。

特徴2:コンセプト

急速にテレワークやリモートワークをする人が増えましたが、「家で仕事をするスペースがない」「仕事に集中できない」と悩む人も多くなっています。

そうした中で、1st Place「住む場所」、2nd Place「働く場所」に次ぐ、新たな居場所として3rd Placeが注目されるようになり、カフェやコワーキングスペースを利用する人が増えています。

BPRレジデンス大阪本町Q″の「コワーキングラウンジ」では、1st Place「住む場所」に3rd Placeの機能を加えることで、入居者に寄り添った住まい「4(For) Your Life(フォー・ユア・ライフ)」を目指しています。

特徴3:「コワーキングラウンジ」

「コワーキングラウンジ」は〝BPRレジデンス大阪本町Q″の2階にあり、入居者は24時間無料で利用可能になっています。

東急不動産が運営する賃貸住宅初の取り組みで、多様化する働き方に対応する新しい住まいとしてシリーズ展開を目指す第1号店となります。

▼「BPRレジデンス大阪本町Q」にコワーキングラウンジの概要

・施設情報

入居者向けに個室ブース5室、TELブース1室、オープンエリアに16席が用意されます。

オフィス仕様のデスクやチェア、無料Wi-Fiなどの設置もされ、快適な作業空間が提供されます。

個室ブースは部屋ごとに異なる配色になっており、自分好みのブースで作業もできます。

また、オープンエリアには、間接照明が使われ、明るくて利用しやすいスペースになります。

▼「BPRレジデンス大阪本町Q」物件概要

所在地:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-2-1

事業主:東急不動産株式会社

▼コワーキングラウンジ「SYNTHビジネスセンター サテライト本町」

運営・管理:株式会社SYNTH

会社HP::https://synth.co.jp

設計・デザイン:株式会社ヴィス

会社HP: https:/vis-produce.com/index.php

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000058162.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です