貸し会議室運営で投資した分はどれくらいの期間で回収できる?

「貸し会議室・レンタルスペースの運営って本当に儲かるの?」
「初期投資した分を回収するまでにかかる期間はどれくらい?」

これから貸し会議室レンタルスペース運営を考えている人は、このような疑問を抱えているかもしれません。

貸し会議室・レンタルスペース運営は利回りが非常にいいことで知られています。コストをおさえ、集客を軌道に乗せることができれば短期間で初期投資分を回収できる可能性のあるビジネスです。

およそ1年で回収できることも珍しくない

貸し会議室・レンタルスペース運営の利回りは非常に高いことが多いです。月によって売り上げが変わることもありますが、年間の利回りが80%になることも珍しくありません。

立地や物件によっては利回りが100%を超えることもあります。つまり1年で初期投資分を回収できる可能性のあるビジネスなのです。

通常の空き家再生事業では、ここまで高い利回りを期待することはできません。最初にまとまったお金を投資するものの、しばらくの間は資金が貯まって回復するのを待つ必要があります。

しかし貸し会議室・レンタルスペースの運営では、初期投資額がおさえられます。運営することで利益を得られるので、資金調達をしながら事業の拡大も可能なのです。

貸し会議室を運営するために必要な投資

第一に物件が必要になってきます。立地や建物を見た上で貸し会議室・レンタルスペースとして使用する物件を選びましょう。

物件を借りるためには家賃の他に敷金・礼金などがかかります。保険にはいったり、害虫駆除などをするお金も必要です。家賃を何ヶ月分か前払いしなければならないこともあります。

物件が用意できたら必要な備品をそろえましょう。机や椅子、ホワイトボード、プロジェクターといった、会議・セミナーで使われるものを用意します。

DIYが得意な人は、細かな備品を自分で制作するのもおすすめです。室内のインテリアなどをDIYで用意することで、コストをおさえられます。

物件や用意する備品にもよりますが、50万円から貸し会議室運営ができることも多いです。

まとめ

少ない初期投資で始められるだけでなく、短期間で投資した分を回収できる貸し会議室運営は、リスクの低いビジネスと言えます。物件選びや設備選びに配慮することで、初期投資を安くおさえられるので、始める前にはできるだけ工夫をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です