貸し会議室に必ずしもプロジェクターが必要というわけではない

「会議にはプロジェクターが必要なものだから、貸し会議室にも必ず用意しなければならない」

と思いがちですが、貸し会議室運営においては必ずしもプロジェクターが必要というわけではありません。設置していなくても集客できるケースも非常に多いです。

小さい貸し会議室ではホワイトボードでも十分である場合もある

特に小さな貸し会議室ではプロジェクターが必要ない場合があります。ホワイトボードを用意しておくだけで十分であることも多いです。

プロジェクターを用意しようとすると、本体だけでなくコード類やスクリーンの準備が必要です。常に使える状態かどうかをチェックする必要もあります。もちろんその分のコストもかかってしまいます。

プロジェクターを設置しない場合、さまざまなコストを節約できます。本当に必要な場合のみ、貸し会議室にプロジェクターを設置するようにしましょう。

プロジェクターを使わない利用者も存在する

貸し会議室の利用者の中には、プロジェクターを必要としない人も多いです。セミナーや会議だけが貸し会議室の利用目的ではありません。アルバイトの面接や占い、仕事の面談、英会話のマンツーマンレッスンをする場所としての需要も貸し会議室にはあります。

確かにセミナーや会議目的の利用者を対象にする場合はプロジェクターが必要です。しかしそれ以外の需要に応える上でプロジェクターは必要ありません。

貸し会議室を運営する際にはどのような利用者を想定するかも考えるようにしましょう。

ある程度の広さがある貸し会議室には用意が必要

ただし、ある程度の広さがある貸し会議室ではプロジェクターが必要になってきます。広くなればなるほど定員も増えます。定員が増えれば増えるほど、全員が情報を共有しやすくする必要があります。

プロジェクターはたくさんの人の間で情報を共有する場合に便利な設備です。一度に貸し会議室を利用する人が多い、広めの貸し会議室では室内にいる全員が情報を効率よく共有できるよう、プロジェクターの設備が重要になってきます。

まとめ

小さめの貸し会議室を運営する際にはプロジェクターが必ずしも必要というわけではありません。プロジェクターを設置したり、維持するのにもコストがかかります。想定する利用者がプロジェクターを必要としないと判断した場合は、設置をしないというのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です