稼働率とエリア別入居率を追加不動産投資家Kとその仲間たち 賃貸管理マンスリーデータ(2022年12月)を公開

賃貸集合住宅LiVLiシリーズを手がける 株式会社アーキテクト・ディベロッパー(本社:東京都中央区銀座、代表取締役CEO:木本 啓紀、代表取締役社長 兼 COO:井村 航)は、賃貸管理に関するデータを2022年度から毎月公開いたします。賃貸管理データを定期的に公開することで事業の透明性を高め、オーナーさまや投資家の皆さまをはじめとする多くのステークホルダーの皆さまに、当社の事業内容や取り組みを知っていただく機会としていただければと考えております。

<賃貸管理マンスリーデータ 2022年12月 ピックアップ>
・管理戸数     32,718戸 ※サブリース物件のみ
・入居率      97.93%
・平均空室期間 24.4日
・月間稼働率  97.83%

●マンスリーデータ:architect developerの賃貸管理(2022年12月)
https://www.investor-k.com/media/report/a135

・掲載データ
入居率
エリア別管理戸数
首都圏の管理戸数
管理物件の間取り割合
間取り別入居率
平均居住期間
退去理由
平均空室期間
入居者属性(性別/職業)

・集計期間:2022年12月1日~12月31日
※12月31日時点の速報値のため、数値が変動する可能性があります。
※サブリース物件を対象とした数値です。

2022年12月の賃貸管理状況(一部)
管理物件状況

※詳細は下記よりご覧ください。
マンスリーデータ:architect developerの賃貸管理(2022年12月)
https://www.investor-k.com/media/report/a135

<オーナーさま向けお役立ち情報のご紹介>

●【オーナー必見】投資物件の賃料査定とは? 家賃の決め方でわかる信頼できる不動産会社
https://www.investor-k.com/media/buy/a124
不動産投資の収益力を大きく左右する賃料。実際に不動産会社ではどのように賃料査定を行っているのか詳しく解説します。信頼できる不動産会社のポイントも紹介します。

●遊休地の活用方法とは?活用するメリットや活用前に確認すべき3つのポイント
https://www.investor-k.com/media/build/a118
遊休地の活用は、周辺状況やニーズによってさまざまな方法が考えられます。収益の大きさやリスクの高さなどの要素と所有者の希望を踏まえ適切に活用方法を選ぶことが大切です。

幅広い情報を発信し、不動産投資の透明性を高めることを目的に、私たち株式会社アーキテクト・ディベロッパーは不動産投資メディア「不動産投資家Kとその仲間たち」(https://www.investor-k.com/)を立ち上げました。不動産投資はハードルが高いと言われますが、メディアの運用を通じて、不動産の正しい情報を届けるとともに、不動産業界を盛り上げ、よりオープンな業界にしていく事にも貢献できればと考えています。「不動産投資家Kとその仲間たち」では、土地の仕入れ・建築から賃貸管理までを一貫して行っている当社だからこそ知り得た情報やナレッジをはじめ、不動産投資ファイナンスに関する情報についても惜しみなくお伝えしていきます。
URL:https://www.investor-k.com/
運営、企画:株式会社アーキテクト・ディベロッパー

  • 会社概要

・会社名 :英文表記:architect developer, Inc.
     :和文表記:株式会社アーキテクト・ディベロッパー
・代表者 :代表取締役CEO        木本 啓紀
     :代表取締役社長 兼 COO   井村 航
・創業  :2008年10月1日
・所在地 :東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー10階
・URL      :https://architectdeveloper.com
・事業内容:土地活用事業、不動産開発事業、リブランディング事業、プロパティマネジメント事業
・関係会社:株式会社スマートクレジット / 株式会社リブリ・プロパティ

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000057958.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です