確実な鍵の受け渡しに便利!スマートロックのメリット・デメリット

貸し会議室レンタルスペースを無人で運営する上では、利用者との鍵の受け渡しを確実に行う必要があります。万が一鍵の受け渡しがスムーズに行えなかった場合、利用者がスペースを利用できないなどのトラブルに発展しかねません。

確実に鍵を受け渡すために、スマートロックの利用はおすすめです。この記事ではスマートロックとはどのようなものなのかや、利用に際してのメリット・デメリットについて解説していきます。

スマートロックとは

スマートロックとは、扉に専用の機器を取り付けた上でスマホにアプリをダウンロードすることで利用できる鍵のことを指します。管理者はアプリをダウンロードした利用者に対して、解錠回数や利用期間を設定することが可能です。

2015年に国内でスマートロック関連製品やサービスが数多く誕生しました。そのため2015年は「スマートロック元年」とも呼ばれています。

スマートロックのメリット

貸し会議室・レンタルスペースの鍵を利用者に確実に受け渡しができるところが、スマートロックの第1のメリットとしてあげられます。管理者が利用者に対して権限を付与するだけで、利用者はスペースの鍵を開け、利用ができるようになります。

キーボックスを利用する場合は鍵の紛失などのリスクがありますが、スマートロックであればそのようなリスクも回避できます。電気錠のようにこまめに暗証番号を変更する必要もありません。

スマートロックの中には遠隔操作ができるものもあります。スタッフが直接利用者に鍵を受け渡すことのない無人運営の貸し会議室・レンタルスペースでは、スマートロックはとても便利です。

スマートロックのデメリット

専用のアプリをダウンロードしなければ利用できないといったデメリットがスマートロックにはあります。利用者に事前にアプリをダウンロードしてもらうことを徹底しなければなりません。アプリの操作がうまくいかず、トラブルになる可能性もあります。

また、アプリをダウンロードする手間がかかることからスペースの利用をためらう人も少なくありません。スマートロックを導入することで、集客機会を逃す恐れがあります。

まとめ

スタッフを常駐させず、無人で貸し会議室・レンタルスペースを運営する際、スマートロックは非常に便利です。アプリをダウンロードしなければ利用できないといったデメリットはありますが、鍵の受け渡しを安全かつ確実に行えます。

KEYVOXスマートロックでは、解錠方法が多彩なため、上記にあげたデメリットも解消できます。KEYVOXスマートロックを提供しているBCL社代表の岡本さんが、Youtubeでスマートロックの選び方について、話しています。是非ご参考にしてください。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です