無人化&非接触の入退室管理システム「Spax Auto Reception」提供開始! マスクのまま顔認証とサーモグラフィー検温

▼無人化&非接触の入退室管理システム「Spax Auto Reception」とは

入退室管理システム「Spax Auto Reception」とは、既存のオフィスの扉をセキュリティ完備の自動ドアに拡張する完全非接触の入退室管理システムです。

従来の無人非接触入退室管理システムは「結局ドアノブに触れなくてはならない」という大きな問題がありました。

このシステムでは既存の錠前と連動させる機能を実現したことで、部屋に入るまで本当に「非接触」なセキュリティドアを作ることができます。

▼無人化&非接触の入退室管理システム「Spax Auto Reception」の特徴

特徴1:認証端末は顔認証・QR認証の2種類から選ぶことができ、認証後には自動でドアが開閉します。

荷物を持ったままでも認証して入退室が出来るのでとても便利です。搭載している顔認証機能の、他人受入率は100億分の1と、安全性・信頼性は業界最高クラスです。

又、マスクを着けたままでも顔認証ができ、体温を瞬時に可視化するサーモグラフィーも搭載しているので、ドアノブに触れることなくオフィスへの入退出時が可能であり、Withコロナ時代に対応したシステムです。

特徴2: 顔・QRの登録および抹消はクラウドサーバー上で行えるので、ICカードなどの管理は不要です。ICカード方式であれば、スタッフの就業開始・退職に伴い、ICカードの申請・返却手続きが必要となりますが、クラウドサーバー上で一括管理できるため大変便利です。また、大掛かりな施工を行うことなく、わずか1日で取り付け工事が完了するので、手軽に導入できます。

特徴3: 受付システムは直接外線発信ができるので、来客時は各担当者様の携帯電話が着信しています。

受付業務が無人化することで、従業員にかかる負担軽減につながります。

▼Spax Auto Reception 概要

提供開始日:2022年2月1日(火)

料金:70万円~(施工費込) ※ショールームにて展示しており、実際に性能や使用感を体感できます。

<ショールーム情報>

住所:〒105-0004 東京都港区新橋5-34-3 栄進開発ビル3F(株式会社スパックエキスプレス 事務センター内) 営業時間:9:00~17:30(土曜日・日曜日・祝日を除く)

▼運営会社概要

社名:株式会社スパックエキスプレス

所在地:〒105-0004

東京都港区新橋5-34-3栄進開発ビル3F

代表取締役社長:三宅勇雄

設立:2000年11月22日

事業内容:防犯設備工事業

会社HP:https://www.spacexpress.co.jp/

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000091567.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です