準備が重要!レンタルスペースを開業する前にやっておくべきこと

これからレンタルスペース運営を始めようとする場合、いくつかやっておくべきことがあります。ビジネスを始める際の手続きや物件選び、集客のための準備などです。この記事ではレンタルスペースを開業する前にやっておくべきことを紹介します。

税務署に開業届を出す

ビジネスを始める際、税務署に開業届を提出する必要があります。これは一般的な事業を始める場合と同じ手続きです。

税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」と「所得税の青色申告承認申請書」の書類を提出することでレンタルスペースの開業はできます。開業手続きに際して必要な資格などはありません。誰でも開業することはできます。

これら2つの書類は税務署か国税庁のホームページから入手できます。

物件を選ぶ

実際に貸し出す物件を用意しなければレンタルスペース運営はできません。また、物件選びは集客にも影響を及ぼします。立地や広さ、設備などを見た上で物件を選ぶようにしましょう。

賃貸物件をレンタルスペースとして利用する場合、不動産屋に一度その旨を相談する必要があります。レンタルスペースビジネスは不動産屋からすると又貸しにあたることがあるためです。又貸しが可能かどうかを事前に確認するようにしてください。

設備を用意する

想定する利用者が喜ぶような設備を室内に用意します。テーブルや椅子、ホワイトボード、スクリーンなど必要なインテリアを設置しましょう。

パーティー用のレンタルスペースの場合はオフィス設備とは別に飲食にも対応できる設備が必要です。基本的なインテリアだけでなく、最近ではSNS映えを意識した装飾も重視されます。

レンタルスペースのポータルサイトに登録する

インターネット上にあるレンタルスペースのポータルサイトを利用すれば、効率よく集客ができます。開業する前にポータルサイトに自分の物件を登録するのがおすすめです。

登録時には室内の写真や立地に関する情報などが必要になってきます。あらかじめ必要な情報をまとめた上で登録作業をするとスムーズに完了させることができます。

まとめ

レンタルスペース運営を始める前にやらなければならないことがいくつかあります。一つ一つ順番に行っていくようにしましょう。しっかりと準備した上で開業することで、効率よく運営できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です