松屋が自動宅配ロボットを活用したデリバリーの出店・商品販売の実証実験を開始!

自動宅配ロボットとは

松屋フーズにおける牛丼チェーン店「松屋」において、自動走行ロボットを活用したデリバリー実証実験を、ENEOS・ZMP・エネキャリのパートナー企業として参画する形にて実施する。

実証実験期間は2021年2月8日~2021年2月26日、対象店舗は松屋・勝どき店であり、配達範囲は東京都中央区佃・月島エリアのマンション3棟。スマホからの事前注文を介して店舗注文時と同様の価格で利用することができます。

同取り組みはENEOS・ZMP・エネキャリの3社が行う「自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験」の加盟企業の一つとして位置づけられ、配達は自動走行ロボット「デリロ」によって、注文客のいる場所まで無人で実施されるます。

▼自動宅配ロボットの特徴

特徴1:『非接触のデリバリーの実現』

利用客はスマホを用いて専用サイトから注文を行い、料理のオーダー実施とともに到着時のQRコードを受領する。注文客の情報をもとに、その場所へ自動走行ロボット『デリロ』が自動配達を行う。到着時に事前に受領されたQRコードを持ってマンションの外まできたデリロのもとへ利用客が受け取りに行く。支払もキャッシュレス決済にて行われるため、一連のやり取りの中には店員と利用客の接触や対面が一切ない。感染症対策はもちろんのこと、煩わしいコミュニケーションも必要なく、スムーズな利用が可能となる。

特徴2:『配達業務の人的コストの削減』

一般的には配達と言えば、届け先まで店舗従業員が配達車両を運転し、利用客の家まで料理を届け、場合によってはその場で決済業務も行う必要があり、注文都度そのような業務を行う人員を店舗から取られてしまうことになる。一方でこの取り組みを利用すれば、注文されたときだけロボットが自動で作動すればいいため、料理作成という店舗滞在でできる業務のみでしか人的リソースを取られずに済む。時短営業などでただでさえ労働力を削減している状況の中にはぴったりの取り組みと言える。

特徴3:『物流インフラとしての貢献』

この取り組みの効果は飲食店に限らず、配達を伴う全ての業種業態に適応が可能である。昨今、外出自粛も激化するなか需要が拡大する配達・配送業界は業務に追われていく一方である。物流インフラの拡充が求められる中で、人材不足問題を軽減しつつ貢献できる仕組みとして、今後の進化の可能性も十分に期待できる。

▼自動宅配ロボット利用の流れ

事前にスマホより専用サイトへログイン。

専用サイトではまず、利用する店舗を選択し注文を行う。注文の成立とともに受け取り用のQRコードを利用客は受領する。

このとき、注文料金は店舗利用時と同様であり、決済はキャッシュレスにて行われる。注文情報をもとに、自動走行ロボット「デリロ」が自動配達を行う。

デリロ到着後、利用客はQRコードの提示により、注文商品を受け取ることが可能です。

▼運営会社概要

社名:株式会社松屋フーズホールディングス

本社所在地:東京都武蔵野市中町1-14-5

企業の公式ホームページURL:https://www.matsuyafoods.co.jp/

参考記事URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000177.000047538.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です