東京唯一の山村「檜原村」に、テレワーク&ワーケーション可能な新たな関係人口拠点「Village Hinohara」が11月にオープン

都市と山間地の交流促進を目的に活動をする一般社団法人アナドロマス(東京都西多摩郡檜原村、代表理事:清田直博)は、東京都檜原村のサテライトオフィス施設を活用し、会員制テレワーク&ワーケーション事業「Village Hinohara(ヴィレッジヒノハラ)」を10月22日よりプレオープン(施設内覧とテスト宿泊スタート)、11月30日より正式オープンします。

■ 「働く」をテーマにした交流拠点

 多摩川水系の源流部に位置する、東京都本土唯一の村「檜原村」は人口約2,000人の小さな村です。都心から50km圏というアクセスの良い立地にもかかわらず、昔ながらの生活文化や美しい緑の山々と清流が残されており、新しい働き方や生活様式の広がりを背景にテレワークやワーケーション、移住先として注目を集めています。

 その檜原村をフィールドに、村民や移住者、村外のテレワーカーやノマドワーカーが共に働き、地域と交流しながら新たな価値を創り出す場として生まれたのが「Village Hinohara」。檜原村が建物を設置し、一般社団法人アナドロマスが施設を借り受けて運営する、公設民営のプロジェクトです。

 東京の「村」で、施設を1つの「Village」に見立て、会員たちが檜原村の自然や文化に親しみながら、1つの空間で共に働き、共に火を囲み、アウトドアアクティビティなど様々な活動を共有することで都市と山をつなぐコミュニティを形成します。その動きがやがて地域に新たな価値を生み出し、檜原村の”Villaging”(ヴィレッジング、むらづくり)に繋がることを目指しています。

■ 抜群の自然環境と独創的な建築デザイン

 設計は株式会社マウンテンハウスアーキテクツ(東京都目黒区碑文谷、代表:山家明)によるもの。檜原村は山間地にあり平地が少なく、通常は山側を削って敷地を平らに造成する必要がありますが「Village Hinohara」は、環境への影響を最小限に抑えるために、機能毎に分けられた3つの直方体が地形に沿って重なり合うように設計されています。最上層のワークスペースは川へ向かって大きなテラスが突き出し、三方向に設けられた開口部から周囲の山々の緑を内部空間に取り込むことで、室内にいながら豊かな自然を存分に感じられます。

 ロケーションは都心から電車とバスで2時間弱、車で1時間半ほどのエリア、清流秋川のすぐそばに位置します。テラスからは秋川を眼下に望み、建物は緑の山々に囲まれ、秋は紅葉が美しい絶好の自然環境です。日中は緑の中で仕事に集中でき、夜は秋川のせせらぎを聴きながら眠ることができます。徒歩10秒の秋川は膝下ほどの深さで流れは緩く、夏はバーベキューや川遊び、足を川に浸しながらパソコン仕事も可能です。村内にはハイキングコースや登山道、渓流釣りの施設なども多数あり、アウトドアアクティビティも充実しています。

■ 会員制による施設運営

 会員は日中のコワーキングや夜間の宿泊だけでなく、キッチンでの料理、暖炉に使う薪割りや火起こし、庭の草刈りなど、村暮らしに必要な仕事も体験できます。エントランスホールのイベント利用、施設貸切(平日のみ)もオプションでご利用いただけます。共に食卓を囲んだり、夜に暖炉の周りでお酒を飲み交わしたり、ちょっとした共同作業を通じて会員同士の交流が自然に生まれます。

 歩いてすぐの場所には週末限定のカフェが、徒歩10分ほどの場所には手打ちうどん屋があり、夜は周辺住民が集まる居酒屋になります。車で5分ほどの場所に村唯一のミニスーパーがあり、食材の買い出しなどに便利です。車を10分ほど走らせれば温泉施設があります。

 他にも、会員専用のアウトドアサウナ、提携農園での農業体験やレンタサイクル、村内の森林ワークショップやエコツアーへのご案内も予定。檜原村認定エコツアーガイドでもある村在住のスタッフが、村の観光情報やエコツアー情報、暮らしの情報などをお伝えします。

■ 施設について

  • 名称:Village Hinohara(ヴィレッジヒノハラ)*略称「Village」
  • ホームページURL:https://villagehinohara.tokyo/ 
  • 住所:東京都西多摩郡檜原村本宿790-2(https://goo.gl/maps/djTf1kVV2hAjMgyu9
  • アクセス:JR武蔵五日市駅より西東京バスで25分/中央道八王子ICから車で約40分
  • 営業時間:9時〜17時
  • 宿泊利用: 定員10名、チェックイン17:00〜チェックアウト翌日10:00
  • 駐車場:あり(予約時に台数等お知らせください)
  • 主な設備:多目的ホール(定員20名)、フリーアドレスデスク(12席)、カウンター席(4席)、会議テーブル(8席)、会議テラス(8席)、川のテラス、ソファラウンジ、円形暖炉、キッチン(業務用コンロ3口)、バンクベッド(4台)、シングルベッド(ホテルグレード:2台)、Wi-Fi(光回線)、各種OA機器、プロジェクター、スクリーン(100インチ)、ユニットバス、シャワーブースなど
  • ワーケーション提携先:アウトドアワーケーション&サウナ「HINOKO TOKYO(https://hinoko.jp)」、山のサブスク&森林体験「MOKKI NO MORI(https://mokki.jp)」、ツアー&シェアサイクル「東京裏山ワンダーランド(https://ura-yama.com)」、体験農園「ひのふぁーむ」等

■ 会費
施設の利用には会員登録が必要です。

  • サテライト会員:入会金11,000円/月会費22,000円。日中ワークスペース利用+宿泊4泊まで無料。
  • コワーキング会員:入会金5,500円/月会費11,000円。日中のみの利用、宿泊は別料金(4,400円〜)。
  • ワーケーション会員:入会金3,300円/月会費なし。日中利用料2,500円、宿泊料5,500円〜。

    *入会には事前の施設内覧、もしくは会員の紹介が必要です。
    *入会にあたって審査をさせていただきます(観光のみの利用はできません)。
    *施設利用には事前予約が必要です。
    *法人登記オプション:5,500円/月(登記住所として利用可、郵便の受取、送料実費で転送サービス)
    *檜原村住民、提携施設会員は特別価格で利用可。
    *別料金で企業やグループ単位で貸切利用可能(平日のみ)
     
  • 開業予定日:2022年11月30日(水)
  • 事前内覧期間:2022年10月22日(土)〜11月23日(水祝)10:30~16:30 *月火定休
    *予約不要、上記期間中に現地にお越しください。
    *開業後の内覧も可能です(内覧日を設定予定)。

ギャラリースペースギャラリースペース

ベッドルーム(ツイン)ベッドルーム(ツイン)


■ プレオープン特別連動企画、地域アート展「ひのはらアート2022」

 村内各所の古民家等で現代美術の展示をおこなう「ひのはらアート2022」と連動し、現在プレオープンキャンペーンとしてアート展観覧予定のお客様に宿泊付きフリーパスを5,000円(税込)で販売します。「Village Hinohara」はアート展示会場の1つになっています。

  • 日程:11/9(水)10(木)16(水)17(木)18(金)19(土)20(日)23(水・祝・最終日)
  • チェックイン 17:00〜18:00/チェックアウト 翌日10:00
  • 料金:5,000円(アート展フリーパス+施設1泊)*1日定員10名
  • 対象者:「ひのはらアート2022」を観覧予定の方
  • 申込方法:下記リンク先からお申し込みください(先着順で受付)、折り返しお返事いたします。

    >>申し込みフォーム:https://forms.gle/dctQqfDv1nnJ7QZS6

    *「ひのはらアート2022」について、詳細は下記ホームページをご覧ください。
    >>https://hinohara.pro 

ひのはらアート2022ひのはらアート2022
■ お申し込み・お問い合わせ先

■ 運営者について
一般社団法人アナドロマス:「Anadromous(アナドロマス)」とは、海で育ち川を遡って産卵する魚類のこと。川を遡るサケやアユのように下流の都市から上流の過疎地に遡る人々の受け皿を作り、関係人口の創出や地域活性化を目的に活動。檜原村の情報発信、企業や人材の誘致を行っており、2022年に竣工した檜原村のサテライトオフィス施設を借り受け「Village Hinohara」として新たな地域拠点とコミュニティづくりを行っています。

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000110628.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です