新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」の設置でソーシャルディスタンスを保ったクラウド管理が可能に。

「株式会社構造計画研究所」は、「株式会社ウエスト」と共同開発し、新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」を発売しました。

新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」とは

「RemoteLOCK 8j」は、ICカードによる開錠、施錠、オートロックが可能なキーシステムです。
国内主要メーカーのシリンダー錠との交換が可能で、工事費用の節約、現状復帰が簡単というメリットがあります。
さらに、loT技術による遠隔管理、設置場所のWi-Fiに接続することでどこからでもアクセス管理の追加・削除が可能。入室履歴を確認する受付としても利用可能です。

利用シーン

・宿泊施設
・民泊施設
・レンタルスペース(空きスペース)
・レンタルオフィス
・大学、学生寮
・コワーキングスペース
・自主隔離施設

企業のコスト削減、ソーシャルディスタンス確保が可能に

新型コロナウイルス感染拡大により、今後はソーシャルディスタンスの確保が必要となります。
企業が社員のテレワーク支援、コロナ感染予防のためにカギの受け渡しや対応から解放されることは重大なミッションです。
コロナによる社会変化に対応しながら社員を守り、会社の利益も最大化するためには、人と人との接触による人件費、コストを削減することが必要です。人による管理が必要なコストの一つ「鍵の管理」の改善には、オフラインで対応可能なスマートロックが最適です。

製品詳細

製品名: RemoteLOCK 8j
カラー: オレンジ、ブラック
サイズ: 室外ユニット- 86×110×30 mm (WHD)
     室内ユニット- 51×176×51 mm (WHD)
バッテリー:単3アルカリ乾電池4本 (外部給電9V角型アルカリ電池)
通信方式:Wi-Fi (2.4GHz)
設置方式:既存のシリンダー錠(対応錠前)を取り外して交換取付。両面テープではなく金具による固定でドアは無加工です。
オートロック:センサー式
想定利用シーン: オフィス、ホテル、民泊、レンタルスペース、会議室、マンション共用部、賃貸物件、公共施設(公民館、体育施設など)
販売開始時期:2020年5月21日発売開始  (ご注文順に5月より順次出荷)
本体価格:79,000円(税別)

会社情報

会社名:株式会社構造計画研究所
本社:東京都中野区
代表執行役社長:服部 正太
ウェブサイト:https://www.kke.co.jp
製品ウェブサイト:https://remotelock.kke.co.jp/products/remotelock-8j/
 
会社名:株式会社ウエスト
本社:大阪府寝屋川市
代表取締役社長:西 康雄
ウェブサイト:https://west-lock.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です