新しい働き方?!「ワーケーション」について理解を深めて運営しよう

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて人々の働き方も大きく変化しつつあります。そんな中で「ワーケーション」という言葉も耳にするようになりました。

「ワーケーション」とはどのような意味の言葉なのでしょうか?具体的な意味をこの記事では解説します。

WorkとVacationを組み合わせた言葉

「ワーケーション」とはWork(ワーク:仕事)とVacation(バケーション:休暇)を組み合わせた言葉です。英語表記ではWorkcationと表記されるのが一般的ですが、Worcationと表記されることもあります。英語表記が明確に定まっているわけではありません。

リゾート地や観光地など通常ならば休暇でいくような場所で仕事を行い、働きながらも休暇を楽しむという意味の言葉です。導入することで労働者は効率よく仕事ができるだけでなく、休暇も満喫できるようになります。

新しい働き方として注目を集める一方で、仕組みづくりが追いついていないなどの課題が現在ワーケーションにはあります。しかし導入する企業も増加傾向にあり、今後も広がっていくでしょう。

労務管理上の扱い

休暇中も仕事をするので、企業は労働者の労務管理を行わなければなりません。労働基準法などの法律も適用されます。けれども会社から離れた地で仕事をするためワーケーションでは労務管理がしにくいという側面もあります。

有給との区別もつける必要があります。ワーケーションは一定時間仕事に携わるため休暇として扱えないためです。

勤怠管理システムを導入するなどによって遠隔でも社員の勤怠管理ができるようになりました。企業がワーケーションを導入するためにはこうした仕組みづくりが求められます。

新型コロナウィルスの影響で広まりつつある

ワーケーションという言葉が生まれたのは2000年代のアメリカと言われています。日本国内でワーケーションという言葉が使われ始めたのは2017年ごろです。

数年前からワーケーションを導入する企業は存在しましたが、特に最近はコロナウィルスの感染拡大の影響を受け、導入する企業は一気に増加しました。

時間を効率よく利用できるだけでなく、リフレッシュできることから社員の心身の健康維持にも効果があるとしてワーケーションは注目を集めています。今後は感染症予防のためにリモートワークが導入されると並行してワーケーションも広まることが予想されます。

まとめ

今後ワーケーションを導入する企業が増えていくことが予想されます。新しいニーズに応えるためにもワーケーションについて理解を深めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です