拡大しつつある貸し会議室・レンタルスペースビジネスの市場規模

近年シェアリングエコノミーの市場規模は拡大しつつあります。人々の価値観が変化しているのと同時に、遊休資産が有効活用できることからシェアリングエコノミーは注目を集めているのです。

貸し会議室レンタルスペースも今後需要が高まっていくことが予想されます。市場規模の拡大を意識して運営するようにしましょう。

市場規模は年々拡大しつつある

現在貸し会議室・レンタルスペースビジネスの市場規模は、年間9,000億円以上とも言われています。インターネット上での広告費も総額1兆円程となっていることから、かなり巨大な市場であることが分かります。

貸し会議室・レンタルスペースの用途は多岐に渡ります。会議室やセミナールームとしてだけでなく、展示会、パーティー、スタジオといった用途でも利用されることが増えてきました。今後もさまざまな使い方が誕生してくことが予想されます。

貸し会議室・レンタルスペースの市場規模が拡大している背景

現在会議室や応接室を自社の事業所内に設置しない企業が増えています。会議室や応接室は誰も使用していない間は空室です。無駄に空間を用意していることになり、その分コストがかかります。もちろん備品などを用意・維持するコストも必要です。

こうしたコストを削減する上で、貸し会議室・レンタルスペースは企業にとって非常に便利な存在です。必要に応じてスペースを用意した方が、自社で部屋を設置しておくためのコストをおさえることができます。

また、最近はオフィスビルのセキュリティが厳しくなりすぎる傾向があります。セキュリティのために社外からの来客対応が難しくなることもあるのです。貸し会議室・レンタルスペースを利用することでこうした問題を解決できます。

さらに一般の人からも貸し会議室・レンタルスペースの需要が高まっています。女子会やパーティーの開催会場としてレンタルスペースを利用する人も少なくありません。コスプレ撮影会の会場としてレンタルスペースが利用されることも増えています。

まとめ

シェアリングエコノミーが広がる中で、貸し会議室・レンタルスペースの市場規模も拡大しつつあります。運営する際には市場規模の拡大も意識するようにしましょう。どのような需要があるのかといった情報をいち早くキャッチできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です