庭でのリモートワークにぴったり…あなただけの仕事場を提供する「ゼン・ワーク・ポッド」

  • オフィス家具などを販売するAutonomousが、屋外に設置できる1人用の「ワーク・ポッド」を開発した。
  • 広さ約68平方フィート(約6.3平方メートル)で、デスクと椅子、本棚を置くのにちょうどいい。
  • 価格は5400ドル(約58万円)から1万5000ドル(約160万円)。

新型コロナウイルスで多くの労働者が長い間自宅に留まることになり、その場しのぎのホームオフィス・セットやソファで仕事をしている。そんな中でオフィス家具を販売するAutonomousは、コンパクトな作業小屋を開発した。

ゼン・ワーク・ポッド(Zen Work Pod)は、販売数により変動する価格で8月末まで購入予約が可能だ。最初の10棟は先行購入価格の5400ドル(約58万円)で、後で購入すると最高で1万4900ドル(約160万円)になる。Autonomousが説明するように「修行の世界からインスパイアされたデザイン」で、1人用のデスクと椅子を置くにはちょうどよい広さだ。

Autonomousは、「この小さなポッドで仕事をすれば、気が散ることもなくなり、『自分だけの作業スペース』になる」と述べている。現在はアメリカ本土でのみで予約を受け付けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です