宿泊予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズとスマートロック『RemoteLOCK』が直接連携、宿泊施設の業務効率化とゲストの体験価値向上を実現

クラウド管理機能を備えたスマートロック『RemoteLOCK(リモートロック)』は、手間いらず株式会社が宿泊施設向けに提供するサイトコントローラー『TEMAIRAZU(テマイラズ)』シリーズと、2022年7月4日からシステム連携を開始いたします。

度重なる緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置が解除され、長く苦境を強いられてきた旅行・宿泊業界では需要回復の兆しが見え始めています。一方で、ゲストに安全で快適な滞在体験を提供するためには、人手不足の解消や業務効率化が喫緊の課題として挙げられます。こういった課題を解決するため、この度、複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理するサイトコントローラーのTEMAIRAZUとRemoteLOCKが連携しました。これにより、PMS(プロパティマネジメントシステム)を介さず、サイトコントローラー上で予約情報と客室ドアの解錠情報を紐付けることができ、予約管理業務の効率化を強力に促進するとともにゲストの体験価値向上を実現します。

TEMAIRAZUシリーズは、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたサイトコントローラーです。宿泊施設は、TEMAIRAZUシリーズを利用することで、一括で在庫と料金のコントロールができ、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現できます。

RemoteLOCKは、ビジネス向けのスマートロック製品および入退室管理システムです。クラウドシステムで利用者ごとに異なる有効期限つき解錠キーを管理・発行することができます。ホテル、旅館、民泊などの宿泊施設から、無人サロンや貸し会議室、貸しスタジオ、ジムなどのレンタルスペースや、オフィスや公共施設など、さまざまな施設の入り口やドアに利用されています。APIを介し、各種予約サービスや業務システム、ハードウェアと連動した解錠キーの自動発行・通知を行うことで、施設のカギの受け渡しの手間や窓口業務の煩雑さを低減できるアクセスコントロールのオープンプラットフォームです。

従来、部屋番号の割り当てと解錠キーの発行・管理はPMSとRemoteLOCK間で行うか、PMSを利用していない宿泊施設ではRemoteLOCK上で個別に管理する必要がありました。今回、TEMAIRAZUとRemoteLOCKが連携したことで、宿泊施設の運営者は、予約情報とRemoteLOCKの解錠キーを合わせてTEMAIRAZU上で管理することができます。

これによって管理の煩雑さを省き、業務の効率化および省人化を図り、おもてなしのための時間を創出できます。また、ゲストは手ぶらで解錠でき、物理鍵やカードキーの返却も不要で、グループ利用時のカギのシェアも容易なため、より快適な滞在体験を楽しむことができ、施設滞在中の利便性が向上します。

また、今後TEMAIRAZUでは、PMSからTEMAIRAZUに部屋割り情報を送信すると、部屋割りに基づいたRemoteLOCKの暗証番号が自動発行できる、PMS連携機能の実装も予定しています。

▶TEMAIRAZUとRemoteLOCKの連携詳細:https://remotelock.kke.co.jp/api/temairazu/

TEMAIRAZUとRemoteLOCKの連携フローTEMAIRAZUとRemoteLOCKの連携フロー

TEMAIRAZUとRemoteLOCKは今後も連携を深め、予約管理の業務効率化ならびにゲストの体験価値向上を実現し、日本の観光業界のより一層の活性化に貢献してまいります。
 

  • 複数の宿泊予約サイトを一元管理する『TEMAIRAZU』シリーズについて

サイトコントローラー「TEMAIRAZU」シリーズは、宿泊施設様が主に管理する客室在庫・プラン料金・予約情報の3つの管理機能を1画面に集約しているため、誰でも簡単に操作が可能な使い勝手を第一に考えたインターフェースです。カスタマーサポート・開発・営業などの部署が密接に連携、リアルタイム更新と高い機能性を実現する技術力、豊富な集客チャネルや関連システムとの連携で宿泊施設様の運営をサポートします。

▶詳細URL:https://www.temairazu.com/

<対応可能予約サイト及び自社予約システム>
▼国内宿泊予約サイト
楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベル、一休.com、skyticket、JALパック、ANAトラベラーズ、Relux、日本旅行、エイチ・アイ・エス等

▼海外宿泊予約サイト及びホールセラー、その他
Booking.com、agoda、Expedia、Ctrip、Hostelworld、AsiaYo、TripAdvisor、hotelbeds、Airbnb、WebBeds、DidaTravel、Shiji Distribution Solution等

▼自社ホームページ用宿泊予約システム
ダイレクトイン、予約プロ、予約番、OPTIMA、d-edge、iHotelier、SynXis CR、triplaホテルブッキング等
 

  • ビジネスのためのスマートロックおよびクラウド型入退室管理システム『RemoteLOCK』について

RemoteLOCKは、株式会社構造計画研究所が提供するビジネス向けのスマートロック製品および入退室管理システムです。クラウドシステムで利用者ごとに異なる有効期限つき解錠キーを管理・発行することができます。ホテル、旅館、民泊などの宿泊施設から、無人サロンや貸し会議室、貸しスタジオ、ジムなどのレンタルスペースや、オフィスや公共施設など、さまざまな施設の入り口やドアに利用されています。

APIを介し、各種予約サービスや業務システム、ハードウェアと連動した解錠キーの自動発行・通知を行うことで、施設のカギの受け渡しの手間や窓口業務の煩雑さを低減できるアクセスコントロールのオープンプラットフォームです。

▶詳細URL:https://remotelock.kke.co.jp/case/hotel

  • お問い合わせ先

株式会社構造計画研究所
すまいIoT部 RemoteLOCKチーム
TEL: 050-5306-6250    E-mail: remotelock@kke.co.jp

参考文献:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000096978.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です