実証実験で効果を検証、神戸市でICTによる学校体育館の夜間開放が11月より本格運用

〜スマートロック「RemoteLOCK」と予約システム「まちかぎリモート」の連携で人手を介さない運用を実現〜

暗証番号式・クラウド管理機能を備えたスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」ならびに予約システム「まちかぎリモート」を活用した中学校体育館の夜間開放が、兵庫県神戸市(市長:久元 喜造氏)で11月1日より始まります。

ICTを活用!スマートロックと予約システムで学校施設をより身近に、より利用しやすく

神戸市では、子どもたちの体力・運動能力向上、市民の健康増進、開かれた親しみやすい学校づくりのために、11月1日より中学校体育館の夜間開放が実施されます。体育館の鍵としてICT技術を活用したスマートロック「RemoteLOCK」を設置し、予約システム「まちかぎリモート」と連動させることで、人手を介さない運用による夜間の体育館開放を実現しました。
今回の体育館の開放に先立ち、9 月中旬より利用団体の登録受付が開始されます。対象の中学校体育館は計16校で、12月以降、順次拡大予定です。

【利用の流れ】
・利用団体の登録
・予約システムで対象校の開放日を確認し予約申込み(※申込みが複数の場合は抽選)
・予約成立後、鍵のワンタイムパスコードを発行
・利用日当日、パスコードを入力し体育館へ入館

詳細は、下記ホームページをご確認ください。
https://www.city.kobe.lg.jp/a61516/kosodate/lifelong/kaihou/kaihou_ict.html
※参考:神戸市様による記者発表資料 https://www.city.kobe.lg.jp/a61516/press/2022/021689708132.html

“Urban Innovation KOBE”での実証実験を経て高い有用性を確認

本取り組みは、神戸市の地域・行政課題をスタートアップ(成長型起業家)と市職員が協働して解決する国内自治体初の取り組みであるプロジェクト「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」で採択され、2021年9月から約半年間にわたり、3校で実証実験が行われました。本プロジェクトでスマート化による利便性向上を神戸市民のみなさまに体感いただいた結果、この度の正式運用開始に至りました。

RemoteLOCKは、今後も住民の方々が利用しやすい施設環境を構築し、利便性向上に寄与してまいります。

RemoteLOCKおよびまちかぎリモートについて

「RemoteLOCK」は、RemoteLock社(本社:米国コロラド州、CEO:Nolan Mondrow氏)が開発し、日本国内では株式会社構造計画研究所が提供するWi-Fi接続型・クラウド管理機能を備えたスマートロックです。
暗証番号による入室が可能となるため、年齢を問わず住民や地域の方々に公共施設をご利用いただくにあたり利便性が高く、またセキュリティの担保と施設の省人化運用の両立を図っている宿泊施設や店舗等においても、多くの利用実績があります。

「まちかぎリモート」は、公共施設管理のスマート化を推進するために株式会社構造計画研究所が開発・提供するシステムで、予約・支払いから鍵の受け渡しまでワンストップで行える施設予約システムです。

RemoteLOCKおよびまちかぎリモートを連動することで、施設運営の効率化、災害時の円滑な避難所開設の運用、およびニューノーマル時代の非対面運用の実現を支援します。

ソリューションサイト: https://remotelock.kke.co.jp/case/public-facilities/

お問い合わせ

株式会社構造計画研究所
RemoteLOCKチーム
TEL: 050-5306-6250 
E-mail: remotelock@kke.co.jp
https://remotelock.kke.co.jp/

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000096978.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です