近年、テレワークが増え、カフェや公共スペースでも働くことができるような設備が整えられるようになっていますが、一方で新たな問題も起きています。

それが、雑音や情報の漏洩を気にせずオンライン会議に集中できるスペースがないこと。そのため車の中で会議をしている人も見かけるようになりました。

そのような需要に応えるため、商業施設や行政施設では個室型ブースを採用し、設置するところが増えてきました。

個室型ブースのメリットとして

・カフェや公共スペースと違って完全プライベート空間なため、情報漏洩するリスクが少ない

・防音、空調、電源、Wi-Fiなど設備が整っているため、快適な空間で仕事ができる。

といったことが挙げられます。

どこでも働けるようになった昨今において、これら2点の重要性は高まっているのではないでしょうか。今回は、会社の情報を漏らしたくない、静かな場所で集中してウェブ会議や作業をしたいビジネスパーソンに向けて、個室型ワークスペースを紹介していきます。

TELECUBE

 株式会社ブイキューブが提供する「テレキューブ」は、商業施設、ビル、駅など数多くの場所に設置されている人気の個室型ボックスです。高い遮音性能を備えた設備が備わっており、大事な商談や会議などで、情報が漏洩するリスクも少なく、周囲の雑音によって邪魔される心配もありません。

参考:https://telecube.jp/features/

・利用方法

 入室時は、スマートフォンアプリで操作して入室します。利用終了時は、退室するだけ。予約時間内の途中入退室操作はスマートフォンで行えます。

・場所 関東中心に駅構内や商業施設、行政施設

・料金 275円/15分

STATION BOOTH

 JR東日本が展開している個室ブース。駅の改札近くに設置されているため、見たことがある方もいるのではないでしょうか。電車の待ち時間などスキマ時間に利用しやすく、会員登録無しで利用できるほか、Suicaで利用料金を支払えるといった特徴があります。また、会員登録すれば駅ビルやSuicaチャージに使えるJREポイントが貯めることができます。

参考:https://www.stationwork.jp/booth-desk-franchise/base-search/list-of-bases/?type=booth

・利用方法

 アプリにて拠点を探して予約し、拠点に表示されているQRコードを読み取り入室します。

・場所 主に東日本駅構内

・料金 275円/15分

Coco Desk

 富士ゼロックス株式会社が提供する「ココデスク」は、エアコンや24時間換気など空調設備が充実しているのがポイント。防音パネルや抗菌コーティング、熱感知式自動消火装置などもあり、導入する側も安心の設備が整っています。さらに他のブースと比べて広々としたスペースなので、ゆっくり快適にweb会議や作業をすることができます。

参考:https://www.fujifilm.com/fb/solution/menu/cocodesk

・利用方法

 スマートフォンアプリにて会員登録を行い、アプリから利用予約。拠点の目の前でアプ リの利用操作を行うと、自動でドア解錠される。

・場所 東京メトロの駅構内を中心に商業施設やショッピングモール

・料金 275円 / 15分

KIW BRUNCH02  

 九州でも個室ブースを設置したワークスペースが誕生。九州アイランドワーク株式会社が提供するワークブースが、アミュプラザみやざきに設置されています。他の一般的な個室型ブースに比べて価格をおさえており、気軽に利用することができます。東急ハンズともコラボレーションしており、便利なテレワークグッズが無料で体験できるのもポイント。筆記用具はもちろん、サブモニターやキーボードなどが用意されています。

・利用方法

→スマートフォンアプリにて会員登録を行い、アプリから利用予約。スマートロックがついているため、拠点の目の前でアプリの利用操作を行うと、自動でドア解錠される。

・場所 アミュプラザみやざき うみ館6階

・料金 100円 / 15分

【まとめ】

 現在はまだ都市圏の駅なかや商業施設を中心に設置されている個室型ワークスペースですが、テレキューブのように行政施設に設置するといった動きも増えてきています。そうなれば、様々な場所でスキマ時間を有効活用した働き方モ可能になるでしょう。テレワークによって柔軟な働き方が可能になったからこそ、より安全で快適な個室型ワークスペースで仕事の生産性を高めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です