国内古着の無人販売マーケット!お客さんとの信頼をベースによる「無人販売」の新たな形態のお店をオープン!

▼古着の無人販売とは

無人販売の「The FCLC Supermarket(エフシーエルシー スーパーマーケット)」アパレルブランド「SPINNS」や「mumokuteki」を展開するヒューマンフォーラムが、コロナ禍により行き場を失った国内古着を「無人販売」する新たな形態の店舗です。

ヒューマンフォーラムは、コロナ禍によりおうち時間の増加で家庭の整理整頓から出る古着や、海外(主に新興国)へ輸出していた古着が、輸出困難な状況に陥ったことから、このような現在の業界の状態をなんとか良くし、古着を循環していくことができないか?と考え今回の店舗を香川県高松市にオープン。

▼「The FCLC Supermarket(エフシーエルシー スーパーマーケット)」の特徴

「The FCLC Supermarket(エフシーエルシー スーパーマーケット)」の特徴を4つ紹介します。

特徴1:店主が不在

店主がいないことで気軽に入店でき商品もじっくり見ることができます。

特徴2:1着500円で購入可能

販売される古着は1着500円という安さで販売され、お金は店内奥のポストに入れて支払うだけでOK。

ただし、無人販売のため、お釣りは出ないので要注意。

特徴3:無料での持ち帰りも可能

洋服の陳列、お店の掃除を行ってくださった方は洋服を持って帰っていただいてもOK!支払い金額をへらすのもOK!

洋服の陳列や、店の掃除を行うことで洋服を無料で持って帰れる嬉しいシステム。

こうすることで、店内は綺麗な状態を維持でき、また分け合い、助け合いの心で人が集まり商店街もより活気に溢れる可能性が出てくる。

特徴4:店内のマネキンに服を着せてあげられる

店内のマネキンに服を着用させてあげることができます。

お子さんに洋服を着せていた時、人形に洋服を着せていた時を思い出し、懐かしさを楽しめたりちょっとしたファッションショーを楽しめます。

▼「The FCLC Supermarket(エフシーエルシー スーパーマーケット)」の利用方法

店には店主がいないため、支払いは店内奥のポストにお金を入れることで清算。

ただし、お釣りは出ないため要注意。

販売される古着は1着500円で販売。また、洋服の陳列やお店の掃除を行うと欲しい洋服を無料で持って帰れる。

▼運営会社概要

社名:株式会社ヒューマンフォーラム

本社所在地:京都府​京都市中京区寺町通蛸薬師上ル式部町​261番地

公式ホームページURL:https://www.humanforum.co.jp/

参考記事URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000625.000009612.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です