利用者の確保のためには環境づくりも大事!ワーケーションに必要な設備

いざワーケーションの利用者を集めようとしても、仕事ができる環境が整っていなければ利用者は魅力を感じません。ワーケーションの導入前には仕事ができる環境を整えるようにしましょう。

以下ではワーケーションに必要な設備について解説していきます。

受付体制

受付体制をしっかりと整えることは、ワーケーションを導入する際に重要です。必要であれば「誰でも自由に出入りできる環境」ではなく、「申し込んだ人だけが利用できる環境」を整えなければなりません。

利用者をチェックするフロントのような設備を用意するのもおすすめです。また、スマートロックなどを利用すると、事前に登録した人だけが入室できるように設定できます。スマートロックの設置はとても簡単なのでワーケーションの無人営業をしたい人にもおすすめです。

インターネット環境

ワーケーション利用者のほとんどがインターネット環境を必要としています。自身のパソコンをインターネットにつなぐことで仕事をしているためです。ワーケーションを導入する際にはインターネット環境も整えるようにしましょう。

ある程度速度が安定しているインターネット環境が望ましいです。また、「部屋の隅だとつながりにくい」などの不安定さは利用者に不満を抱かせます。

デスクや椅子などのインテリア

仕事をする上でデスクや椅子などの設備も必要です。パソコンを使って仕事ができる設備を用意しましょう。

完全な個室を用意しなければならないというわけではありませんが、ある程度プライバシーが守られる環境が望ましいです。長机であってもパーテーションでくぎるなどして仕事に集中できる環境を整えましょう。

個人が仕事に集中できる場所だけでなく、ミーティングなどが可能なブースもあると利用者にとっては便利です。大きなテーブルを利用するなどして設置しましょう。

電源の確保も重要です。テーブルのどこに座っても利用者が電源を確保できるよう、電源の配置も考えるようにしてください。

まとめ

ワーケーションの導入にはさまざまな設備が必要です。適切な設備を用意した上で利用者を呼び込むことで、利用者の満足度を上げることもできます。新たにコストをかける必要はありませんが、利用者にとって仕事をしやすい環境を整えるよう意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です