個室レンタルオフィスとはどんなもの?コロナ後の新しいオフィスの形

今までは一つの企業がワンフロア、あるいは一部屋全体を貸し切ってオフィスとして使用していました。しかしコロナウィルス感染拡大の影響を受け、さまざまな業種でこのようなオフィスのあり方を見直す必要性がでてきました。

そんな中で個室レンタルオフィスが注目を集めています。感染症拡大を予防できるだけでなく、コスト削減にもつなげられる可能性のあるオフィスの形です。

一つのフロアを仕切った上で複数の企業がオフィスとして利用する

個室レンタルオフィスとは、一つのフロアを仕切った上で複数の企業がオフィスとして利用する新しいオフィスの形のことを指します。従来のオフィスでは他企業の人とオフィス内で会うことはありませんでしたが、個室レンタルオフィスを利用すると複数の異業種の人たちともすれ違うことになります。

仕切といっても「ついたてで仕切ってあるだけ」というわけではなく、防音性の高い素材で仕切られている個室レンタルオフィスもあります。そのため周囲に機密情報が流出する恐れもありません。

コロナウィルス感染予防対策にもつながる

最近では企業にもコロナウィルス感染予防対策が求められています。そんな中で個室レンタルオフィスを利用することで、感染症拡大を防ぐ効果も期待されています。

個室レンタルオフィスの利用者は2〜3人、最大でも10人以下であることがほとんどです。利用者数を最小限におさえることで感染症が拡大するのを防げます。
あらゆるコストを削減する側面も

コロナウィルス感染症が拡大したことによって、さまざまな業界でコスト削減が求められるようになりました。従来のように家賃を支払ってオフィスを構え、従業員の通勤のための交通費を負担することが困難になった企業も少なくありません。

個室レンタルオフィスを利用すると、こうしたコストを削減できます。家賃の代わりにオフィスレンタル料を支払うことで、固定費がかなり安くなることも多いです。

オフィスに出社できる人員が限られているため、リモートワークを導入する必要もあります。リモートワークを導入すると、従業員の出勤にかかる交通費を支払わなくてもよくなるため、人件費をおさえられます。

まとめ

コロナウィルスの感染拡大を受けて、オフィスのあり方も変化しつつあります。そんな中で個室レンタルオフィスが注目を集めています。感染拡大を防ぐだけでなく、コスト削減にもつなげられる個室レンタルオフィスの利用は、今後も広がっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です