個室オフィスのシェアサービスを展開する上で意識したいこと

シェアオフィス・コワーキングスペースにありながらもよりプライベートな利用が可能になる個室オフィスは、今後需要が高まることが予想されます。個室オフィスは顧客の新しいニーズを満たす可能性があるためです。

コロナウィルス感染拡大を受けてオフィスのあり方も変化しつつあります。このタイミングで運営するシェアオフィス・コワーキングスペースに個室オフィスを設置して、利用者のニーズにこたえるようにしましょう。

この記事では個室オフィスのシェアサービスを展開する上で意識するべきポイントを紹介します。

予約システムを整える

個室オフィスの運営で重要になってくるのは、利用者の予約の管理です。管理を徹底していないと、ダブルブッキングなどのトラブルが発生してしまう恐れがあります。必ず予約システムを整えるようにしましょう。

簡単かつ正確に予約管理ができるツールも数多く存在します。こうしたツールを利用して予約管理をしていきましょう。

さらに個室オフィスの中にはオプションで予約管理ができるものも存在します。導入する個室オフィス選びにこだわることで、スムーズな予約管理が可能になるのです。

感染症対策をしっかりと行う

感染症対策のためには換気と消毒を徹底する必要があります。基本的に個室オフィスは換気の機能も重視した上で作られるものですが、こまめに個室内の空気を入れ替えるようにしましょう。

また、利用者が入れ替わるたびに消毒をすることもおすすめします。個室オフィス内を常に清潔に保つことで、感染症拡大を防ぐ効果が得られます。

個室オフィスだけでなく共用スペースも充実させる

コロナ禍の影響でオフィスのあり方は変化しましたが、仕事をする上で「作業する場所」と「他の仕事仲間とコミュニケーションをとる場所」が必要であることは変わっていません。

個室オフィスを設ける場合は、同時にコミュニケーションが活発になる空間も用意する必要があります。共用スペースもバランスよく充実させることで、より快適なシェアオフィス・コワーキングスペースになるのです。

まとめ

現在コロナウィルスの感染拡大を受けてオフィスのあり方が変化しています。同時に新しいニーズも誕生しています。シェアオフィス・コワーキングスペースに個室オフィスを設けることは、利用者のニーズを満たすことにもつながるのです。

ここで紹介したポイントを意識して個室オフィスを設置するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です