ワーケーションでは遊びと仕事の区別がつけられる環境作りが大切

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、リモートワークが以前よりも一般的になってきました。そんな中でリゾート地などで休暇を満喫しながら仕事ができるワーケーションも注目を浴びています。

利用者満足度を高めるためにも、ワーケーションを導入する際には利用者が遊ぶ時間と仕事をする時間をはっきりと分けられる環境作りが求められます。

休暇と仕事の両立ができるワーケーションの課題

リゾート地などで働くことで、リフレッシュしながら仕事ができるワーケーションですが、環境によつては利用者が気持ちの切り替えがうまくできなくなるなどの課題も生まれます。休暇を満喫しすぎて仕事が十分にできなくなるだけでなく、逆に仕事に集中しすぎて全くリフレッシュできなかったということもあります。

家族連れでワーケーションに出かける際には仕事をしている人とそうでない人が別行動をすることもあります。特に旅館やホテルがワーケーションを導入する際には多様な利用者の動き方に対応しなければなりません。

遊びと仕事の区別ができる仕組み作り

休暇と仕事を両立させたいと、多くのワーケーション利用者が思っています。仕事をする際も、非日常感を感じられることがワーケーション先には求められます。

ワーケーションを導入する際には「仕事をするスペース」と「それ以外の場所」を明確に分けるようにしましょう。そうすることで利用者はメリハリをつけながら仕事ができます。普段の職場とは違う観光地ならではの雰囲気のある仕事場を提供することで、利用者満足度も高められるでしょう。

例えば海辺のホテルでワーケーション利用者を受け入れる場合は、オーシャンビューの仕事場を提供するのもおすすめです。山の中の場合は森林浴を楽しみながら仕事ができる環境を提供しているホテルも存在します。

旅行プランの工夫も必要です。半日で楽しめるプランを用意するなどして、利用者が仕事と遊びの両立ができるよう工夫しましょう。

ワーケーションの最大のメリットの一つは、利用者がリフレッシュしながら仕事ができる点です。そのため導入する際には利用者がそのメリットを実感できるように配慮する必要があります。

まとめ

利用者が休暇と仕事の両立ができるような環境作りが、ワーケーションの受け入れ先には求められます。リフレッシュしながら仕事ができる空間や旅行プランを用意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です