レストランやホテルを月額5,400円でコワーキングスペースとして提供!「ワークスルー」で空きスペースを収益化!

▼コワーキングスペース「ワークスルー」とは

「ワークスルー」は、ビジネスパーソン向けのスマホアプリ「ワークスルー」を利用して、電源とWi-Fiが完備された約80店舗(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)のレストランやホテルラウンジなどのスペースの空きを利用できるアプリです。

アプリリニューアルにより、月額5,400円、予約なしでコワーキングスペースとしての利用が可能となりました。

主に、レストランやカラオケ、ホテル、ネットカフェなどの個室スペースを別料金・予約制で利用できます。スペースによって、ドリンクの提供も用意されています。

▼コワーキングスペース「ワークスルー」の特徴

コワーキングスペース「ワークスルー」の特徴を3つに分けて紹介します。

特徴1:定額で利用できる

従来のコワーキングスペースやレンタルスペースでは、定額ではなく利用した時間に応じて料金を支払う従量課金制が一般的でした。

コワーキングスペース「ワークスルー」の定額制なら、利用時間を気にせず仕事を行えるというメリットがあります。

特徴2:テレワーク環境が整っている

外出先で仕事をする場所を探す場合に、電源がなかったり、Wi-Fi環境が整っていなかったりする場合があります。

コワーキングスペース「ワークスルー」を利用することで、テレワーク環境が整ったスペースのみを表示させて利用可能です。

スペース探しに利用する時間的なコストを削減でき、効率的にテレワークを行えるでしょう。

特徴3:事業者は空きスペースを収益化できる

スペースを所有する事業者や経営者は、余っているスペースを空きスペースとして登録することで、収益化できるというメリットがあります。

店舗型ビジネスでは、新型コロナウイルスによる収益減少にお困りの方もいるでしょう。

そこで、空きスペースを貸し出しして収益を確保するという新たな選択肢を検討できます。

また、「ワークスルー」アプリ内でドリンクや料理のクーポンを発行することで、空きスペース以外の利益促進にもつながります。

▼コワーキングスペース「ワークスルー」の利用方法と価格

5,400円の月額プランに加えて、 初回限定の1週間お試しプラン(630円/7日)や、 1日プラン(1,000円/1日)、 法人向けプランも選択できます。

 法人向けプランを利用することで、 自社の従業員は「ワークスルー」の拠点をサテライトオフィスとして活用することが可能になります。

▼運営会社概要

社名:SBイノベンチャー株式会社

本社所在地:東京都港区海岸一丁目7番1号

企業ホームページ:https://www.sbinnoventure.co.jp/company/

アプリ:https://work-thru.com/shop_entry

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000013.000060062.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です