ホテル・旅館の修繕管理アプリ「HoteKan」が愛媛県デジタル実装加速化プロジェクト「トライアングルエヒメ」に採択。道後温泉の旅館と共に、「施設老朽化」「人材不足」「知見継承」の課題にDXで解決する

宿泊施設の修繕管理アプリ「HoteKan(ホテカン)」を開発する株式会社FRINGE(東京都港区、代表取締役社長:苅谷治輝)が2023年度の愛媛県デジタル実装加速化プロジェクト「トライアングルエヒメ(TRY ANGLE EHIME)」に採択され、愛媛県の道後温泉の宿泊施設にHoteKan導入を開始いたします。

(写真左から)愛媛県庁 金子様・髙岡様、CHIASMA FACTORY 辻様、宝荘グループ 宮﨑会長、FRINGE 苅谷・山田(写真左から)愛媛県庁 金子様・髙岡様、CHIASMA FACTORY 辻様、宝荘グループ 宮﨑会長、FRINGE 苅谷・山田

コロナ禍を超え、インバウンドなど需要が拡大している観光業の中、一番の担い手である「宿泊業」において、現在、「人材不足」「生産性の低さ」「施設の老朽化」「事業・知見承継」といった深刻な問題を抱えています。

愛媛県の道後温泉においても、施設の老朽化が進み、道後温泉本館を始めとした大規模修繕工事が現在進められています。 本プロジェクトであるトライアングルエヒメを通じて、道後温泉における宿泊施設の修繕管理DX化を推進し、上記の課題解決に貢献します。

本プロジェクトでは、宝荘・椿館グループの「道後御湯」「道後hakuro」「ホテル椿館」にて、HoteKanを導入し、修繕データを収集します。導入前に比べて、売止機会損失の削減や発見から修繕解決に至るまでのプロセス(工数)削減にどれだけ寄与したかを検証します。

また「使用湯量(温泉)」「湯温」「使用水量」をセンサーも活用し、HoteKanに定点記録・分析し、市が管轄する分湯場に要請する温泉量の最適化を行います。

更に、HoteKanで集まった修繕データを実装メンバーである(株)CHIASMA FATORYのご協力のもと、BIM(Building Information Modeling)に連携し、どの場所がどれくらい傷んでいるかを3Dで見える化する予定です。

  • TRY ANGLE EHIME(トライアングルエヒメ)について

愛媛県では、「デジタル企業の成長」「地域事業者の稼ぐ力の向上」「愛媛県の発展」の3つの観点から、デジタル・ソリューションと関連技術を愛媛県内事業者・自治体等に実装し、地域課題の解決にチャレンジする「デジタル実装加速化プロジェクト」を2022年度にスタートしました。2023年度は更に規模を拡大して取り組んでいます。「TRY ANGLE EHIME」×「HoteKan」の本プロジェクトは2023年度からの採択内容となります。

デジタル実装を進め、各種産業のモデル事業者が取得したデータを有効活用し、ナレッジ共有会・勉強会の開催などを通じ、事業者同士が互いに切磋琢磨し、共に高めていく動きを県内各地・各種産業分野で拡げ、「人と人とのつながりをデジタルが支える社会」の実現を目指します。

TRY ANGLE EHIME(トライアングルエヒメ): https://dx-ehime.jp/

  • HoteKanについて

HoteKanでは、清掃スタッフが清掃時に客室の設備不良に気付いた際に、スマホで写真を撮影し状態を入力します。

ホテルスタッフや工務店がアプリで確認し、その後の対応について、その事象内チャットでコミュニケーションします。

見積書や修繕解決後の写真もアップして、完了。修繕記録や報告書がデジタルに残ります。

同じような事象が起きた際も事象や部屋番号ごとに検索が簡単にできます。消防機器点検やEV点検などの法定点検の定期メンテナンスの報告書も整理できるため、ペーパーレス化も促進します。

公式ホームページ: https://hotekan.com

  • 宝荘・椿館グループについて

本プロジェクトの実装先である宝荘・椿館グループは、(株)宝荘ホテルにて道後御湯を経営し、(株)ホテル椿館の親会社となります。(株)ホテル椿館はホテル椿館と道後hakuroを運営しています。

「道後御湯」は、全客室露天風呂付きの高品質個人型旅館。「道後hakuro」は、一人旅にも対応できるリーズナブルな温泉付き宿泊特化型ホテル。「ホテル椿舘」は、東館和室32室を和モダンの和洋室へと改装し、団体・MICE含めた多様なお客様ニーズに対応できるホテルで、3棟とも特色の異なる施設となります。グループ総客室数208室 定員741名の大型施設です。

  • CHIASMA FACTORYについて

本プロジェクトにおいて、HoteKanデータをBIM連携でご支援頂くのが、株式会社CHIASMA FACTORYです。

東京と愛媛に拠点を置き、今回実装事業の対象となる「道後御湯」「道後hakuro」をはじめとするホテルから住宅・店舗等の改修まで、規模や用途を問わず、設計はもちろん事業企画から建物完成後の運用・運営支援まで対応する設計事務所として国内外で活躍しています。また、小規模事務所ながら全面的なBIMの導入を進め、AIやVRを活用するなど、建築分野におけるDXの推進にも積極的に取り組んでいます。

  • 株式会社FRINGEについて

企業名  :株式会社FRINGE

代表者  :苅谷治輝(代表取締役)

本社所在地:東京都港区南青山2丁目2番15号 Win青山ビルUCF917号

事業内容 :HoteKanのアプリ開発

コーポレートサイト: https://fringe.co.jp/

  • 株式会社リウシスについて

企業名  :株式会社リウシス

代表者  :苅谷治輝(代表取締役)

本社所在地:愛知県名古屋市熱田区川並町4番7号Rビル304

事業内容 :HoteKanの販売およびホテル、工場、店舗等の清掃管理

コーポレートサイト: https://rivusis.com

参考サイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000087676.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

見逃し記事