チャンスを呼び込む?アートギャラリー併設のコワーキングスペース

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて人々の働き方も変化しました。そのような中で新たな仕事場の概念を生み出す可能性のあるコワーキングスペースの役割も重視されています。

このような中で単なる仕事場としての機能だけでなくアートに触れられる環境を整えたコワーキングスペースが誕生しました。「シンクーカン」と呼ばれるこのスペースは株式会社ヒーローガレージが運営しています。

シンクーカンはアートも楽しめるコワーキングスペースとして注目を集めています。

シンクーカンサービス概要
制作会社のスタッフとのコミュニケーションが可能

シンクーカンには運営する制作会社のスタッフが常駐しています。大手企業との取引もある制作会社なので、信頼できるスキルを持ったスタッフが多いです。こうしたスタッフとのコミュニケーションを通して新たなチャンスを掴むことができます。

コワーキングスペース利用者は制作会社スタッフによる技術のアドバイスを受けたり、ビジネスの相談などが可能です。新しい仕事を獲得することもできます。シンクーカンは将来的にはエージェント機能も備える予定です。

制作に必要な設備が整っている

作品制作に必要な設備が整っているのもシンクーカンのサービスの特徴と言えます。防音設備もあるので映像制作や音響制作も可能です。ライブ配信者もこうした設備を使うことができます。

通信速度も安定しているので快適に仕事をすることも可能です。ライブ配信を行う際、通信環境が安定していなければなりませんが、シンクーカンではストレスなくライブ配信ができる環境が整っています。

月替りギャラリー

若手アーティストにとって自身の作品を発信できる場所はとても貴重です。作品を発信することで新たなチャンスを掴むことができます。

積極的に作品を発信したい若手アーティストをサポートするサービスもこのシンクーカンにはあります。月替りのギャラリーが設けられており、コワーキングスペース利用者に閲覧してもらうことができます。

まとめ

コワーキングスペースはコロナ禍の中で新しい働き方を提案する場として注目を集めています。シンクーカンは従来のコワーキングスペースにアートを掛け合わせることで、新たな可能性を生み出すスペースです。会員はシンクーカンで自身の才能を開花させるチャンスを得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です