ソーシャルコワーキングのATOMica シリーズAラウンドファーストクローズで資金調達を実施

地域共創プログラムとテクノロジーの開発を加速させ、全国展開に注力

ソーシャルコワーキングスタートアップの株式会社ATOMica(本社:宮崎県宮崎市、代表取締役CEO赤沼 百生・CCO嶋田 瑞生、以下ATOMica)は、シリーズAラウンドファーストクローズにて、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:五島 久)傘下の株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ (本社:福岡県福岡市、代表取締役:吉田 泰彦)をリードインベスターとした第三者割当増資を完了しました。
「多種多様な地域の人々」と「地域のあらゆる願い/相談」を集め、つなげるための独自の仕組みであるソーシャルコワーキング®を、事業会社様や地域金融機関様と連携して日本中に展開していきます。 

日本全国のパートナー、利用者からいただいた277枚の写真を使って作成日本全国のパートナー、利用者からいただいた277枚の写真を使って作成

解決したい社会課題について 

「あの時あの場所でこの人と出会わなかったらこんなことできなかったな」。
人生が思いがけず好転するような転機が訪れるとき、そこには面白い出会いがともなっている。誰しも自身の人生を振り返ったときに思う節があるはずです。ヒト、モノ、情報が充実している大都市は多くの出会いと機会がありますが、地域に目を向けると少子高齢化や人口流出の影響を受け、その機会は圧倒的に少なく、知らず知らずのうちに各地のヒト、モノ、コトの可能性が飛躍する機会が失われてしまっていると考えています。ATOMicaは仕組みとテクノロジーの力でこの機会損失を少しでも減らしたいという想いから創業以来各地で事業を続けてきました。
ただ、場所を作り、人を集めるだけではコミュニティと呼べるものは発生しません。人々の想いや願いをセットでつないでこそ、新しい出会いや共創が生まれてきます。物事の可能性を引き上げてくれる魅力的な出会いで世界を満たす。これがATOMicaのミッションです。
これまでも数十のまちで事業展開を進めてきましたが、当社の掲げるソーシャルコワーキングを全国に拡大すべく、今回資金調達を実施するにいたりました。

資金調達の使途 

1. 共創型拠点の開発
2. コミュニティプログラムの開発
3. つながりを加速させるコミュニティアプリの開発

の3点が主な資金調達の使途です。
共創型拠点は、地域の特徴や特色を活かしたコワーキングスペースやコミュニティの運営を各地域の自治体さまや地元企業さまと一緒になって作り上げていく独自の拠点出店モデルを指します。
コミュニティプログラムは地元の企業と学生をつなぐ実践型の長期インターンシッププログラム(ATOMatch)や、心地いい出会いの体験を提供する交流プログラム(MEET@)など、地域の個人法人に様々な機会を届けるサービスを指します。
コミュニティアプリ(knotPLACE)は、自社のコワーキング事業を推進すべく当社が独自に開発したアプリケーションです。コワーキングスペースの利用者との対話を記録し、データベース上で管理、日本全国からあらゆる相談ごとが集まり、それを全国の人々が解決できる仕組みを搭載したプラットフォームです。
今回の資金調達で、全国展開を加速するビジネスチーム、ユーザー体験をさらに向上させるプロダクトチーム、それぞれの拡充にあて「思いがけない出会いとつながりが溢れる世界」を広げていきます。

引受先からのコメント 

株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ 代表取締役 吉田 泰彦 氏

九州におけるATOMica拠点がお客様にもスタッフにも愛されているだけでなく、他の地域の皆さまからも本当に多くのご期待をいただくことができており、リード投資家として追加出資させていただけることを大変嬉しく思っています。
ATOMicaが地域を力強く活性化させながら、テクノロジーを活かしたオペレーションの高度化と自社プロダクト展開を両立させる姿を見ており、今後の更なる事業成長を確信しております。
ATOMica拠点を通じて地域と地域のつながりを広げていく挑戦や、ソーシャルコワーキングを独自のプログラムやテクノロジーで加速させる挑戦を、弊社としても引き続き全力で支援してまいります。

株式会社オカムラ 取締役 専務執行役員 オフィス環境事業本部長 菊池 繁治 氏
前回の出資以来、さらに需要が広がるコワーキングスペースや共創空間づくりに向けて、オカムラとATOMicaによるさまざまな協業実績も生まれています。ATOMicaの運営するコワーキングスペースが多くの方々に利用され、愛され、さまざまな形で地域の活性化に貢献していることに、強い頼もしさを感じております。今後も、協業を加速させるとともに、九州の2拠点で培った価値の全国展開やソーシャルコワーキングに向けたコミュニティプログラム、コミュニティアプリの開発を目指すATOMicaのさらなる挑戦に期待します。

七十七キャピタル株式会社 取締役社長 今野 晃 氏
七十七キャピタルは、東北の地域経済に貢献するスタートアップ企業への出資・協働を行っております。
従来のコワーキングスペース運営という枠組みを超えて地域の様々なステークホルダーの「つながり」を創出し、それぞれの「wish」を叶えるATOMicaに強い魅力を感じ、出資を決定いたしました。地域コミュニティの形成能力に強みを持つATOMicaと東北地域に根差した七十七グループが協力し、地域に新しい価値を提供するとともに、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでまいります。

TAKAGIパートナーズ(髙木ビル/BIRTH)代表取締役 髙木 秀邦 氏
ATOMicaとのご縁は、共に官民連携事業として地域活性に取り組む宮崎県延岡市でのご縁から始まりました。我々は創業から60年を越えて不動産開発を通じてまちづくりに参加してきました。ハードだけに囚われない「不動産に新たな価値」を創るべく、想いを起点に人・企業・地域・チャレンジをハシゴかけしていく活動をライフクリエーションブランドBIRTHを通じて展開しております。
ATOMicaがその強みであるテクノロジー×コミュニティで日本全国ローカルに推進するソーシャルコワーキングの価値創りに大変共感するとともに、これから始まる伴走にワクワクが止まりません。ATOMicaと共に日本全国にコミュニティの「ハシゴかけ」を目指し、ローカルに埋もれたバリューを掘り起こし日本の活力としていくべく共創伴走してまいります。

株式会社ちゅうぎんキャピタルパートナーズ 取締役 石元 玲 氏
私たち岡山を含む瀬戸内エリア一帯の地方都市が、個性を活かしながら地域経済の活性化を図るために、ATOMicaの力を借りて連携を進めていきたいと考えております。ATOMicaの施設で働くスタッフの方々が口にされている会社(ATOMica)に対する「深い愛情」は、企業が掲げる哲学や方向性が現場に浸透している証であり、今後の全国展開が期待される次第です。数年後、「ATOMica」が私たちの社会に深く浸透し、その結果「ATOMica」という言葉が再定義され、人と人、地域と地域のつながりを表す言葉に進化していることを勝手に妄想しつつ、株主としても全力でサポートしてまいりたいと考えております。

株式会社広島ベンチャーキャピタル アソシエイト 友重 圭雅 氏 
地方における課題感へのアプローチには納得感があり、このチームが織りなすビジネスだからこそ実現可能性が高まるものと確信しております。
現在、我々は地場のスタートアップエコシステムを強固にしていく為にコワーキング施設の開設に向けて動いており、地域の皆さまとの共創拠点をATOMicaと共に作ってまいります。
ATOMicaが得意とする個人の「想い」や「願い」、「相談事」を、「出会い」や「つながり」へと発展させていけるアプローチと、我々が地域に根差すVCとして持つアセットを組み合わせることによって、これまでに無いエコシステムの形を実現し得るのではないかと思っております。
その他、広島大学との連携は既にスタートしており、今後広島県やその他関係者の皆様とも連携をより一層深め、イノベーションの機運を醸成してまいりたいと思います。」

ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 兼 執行役員 早川 与規 氏 
この度ATOMicaとご一緒できることを非常に嬉しく思います。ATOMicaの手がけるソーシャルコワーキングは、コミュニティ形成とテクノロジー活用を強みに、地域の人々にとってなくてはならない機会を創出してきました。
地域の人々への機会提供によって自己実現を支援するATOMicaの事業は、当社のパーパスである「意志の力を最大化し、社会の善進を加速する。」に通じるものがあると感じ、出資させていただきました。
ATOMicaが全国に拠点を展開し、より大きな価値を届けられるよう、当社としても最大限のサポートをしてまいります。

当社コメント 

代表取締役CEO 赤沼百生
ATOMicaを創業以降、思いがけない出会いとつながりをキッカケに、人が輝く姿をたくさん見てきました。
・地域ごとに場を用いてあらゆる属性の人とのつながりを持つ
・コミュニティスタッフがひとりひとりの意思や願い=Wishを収集する
・集まってくる課題とWishの組み合わせからプロジェクトや事業を生む 
・プロジェクトや事業の成果がさらなる人を集め、つながりをつくる。
上記のサイクルを、人-場-機会-テクノロジーのプロダクトを通して、さらに拡大していきます。
私たちATOMicaはセレンディピティ・カンパニーとして、「思いがけない出会いとつながりが溢れる世界」を広げていきますので、よろしくお願いいたします。

代表取締役CCO嶋田瑞生
面白い出会いは、人の可能性を無限に引き上げる。そう信じて、創業以来、全国各地に価値を届けるために邁進してまいりました。全国各地の皆様に本当に支えられてここまで来ることが出来たと思っております。どこに住んでいる方でも、自分のやりたいことを、周りの力を借りながら実現できるような世界を作るためには、弊社だけの力では到底かなわないと思っています。
「出会いって面白いよね」そんな想いに共感してくださる将来の弊社メンバーの皆さま。
「そういう施設やコミュニティがあったら、地域が盛り上がるよね」そう信じてくださる全国の自治体様や地域事業会社様。
「面白い出会いがあるから、気持ちの良い場所があるから、思いがけない機会があるから」そうして私達のサービスに期待をしてくださる全国各地のユーザー様。
そんな全ての方々の想いを叶えるために、これからも事業開発を進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

各地域のパートナーの募集

現在、全国各地でソーシャルコワーキング事業をともにするパートナー企業様、自治体様を大募集しております。
今回の資金調達に伴い、各地の事例をまとめた特設サイトをリリースしました。
少しでもご興味がある皆様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
https://atomica.co.jp/social-coworking/

採用について

現在、ATOMicaでは全ポジションの採用を強化しております。
事業開発、セールス、PM、エンジニア、PdM、PR、コーポレート、各拠点のコミュニティマネジャーなど、本リリースをご覧いただいております皆様とご一緒できることを節に願っています。
下記採用サイトより、お気軽にご応募ください。お話出来ますことを楽しみにしています。
https://atomica.site/jobs

株式会社ATOMicaについて 

2019年4月の創業以来「どこに住んでいても、どんな場面でも、誰もが仲間を経由することで、無限の機会に出会える場と仕組みを実現する」というミッションを実現すべく、日本各地で地域の人々と相談を集めてつなぎ、出会いや共創を産む活動を続けています。2025年までに全国122拠点への進出を目指しています。

社名  :株式会社ATOMica(アトミカ)
所在地 :宮崎県宮崎市橘通西3-10-32 宮崎ナナイロ東館8階(本社・店舗)
東京都中央区日本橋1丁目4−1 日本橋一丁目三井ビルディング5階
福岡県北九州市京町3-1-1 セントシティ7階(店舗)
代表者 :代表取締役CEO(最高経営責任者) 赤沼百生
代表取締役CCO(最高共創責任者) 嶋田瑞生
創業  :2019年4月5日
事業概要:ソーシャルコワーキングの企画、開発、運営、共同運営
コミュニティテックの企画、開発、運営
コワーキングスペースの立ち上げ・運営支援
産学協同プロジェクトの企画、運営 
サイト :https://atomica.co.jp

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000045593.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です