スマートオンライン授業ソリューションの提供

これまでの教育は、教員と学生の対面授業が一般的でしたが、近年社会環境急変のため、小中学校、高校、大学におけるオンライン授業が急速に広まりました。4月からスマートオンライン授業ソリューションの提供を開始致します。■背景

【オンライン教育の広まり】

令和3年、国公立・私立・高専の約3,000名の学生を対象に文科省が行った調査によると、9割の学生がオンライン授業を受けたことがあり、6割の学生は授業のほとんどをオンラインで聴講しています。

【オンライン教育の課題】

オンライン教育には利便性がある一方、対面授業と同様の意思疎通やコミュニケーションを図ることが難しい面もあります。オンライン授業のデメリットを解消するために、弊社HIKVISIONはAIカメラ、スマートディスプレイを応用したスマートオンライン授業ソリューションを提案いたします。オンライン、対面授業、録画配信授業を同時にサポートでき、オンラインでも簡単に双方向コミュニケーションを取ることができます。授業中、教員は難しい操作は必要ありません。教員の負担を減らすため、リモートでも対面授業と同様の品質を図り、新しい授業形態をサポートします。

■HIKVISIONのソリューション

教育シーン専用のAIカメラをレコードサーバーと組合わせでご利用頂く事で、ディープラーニングアルゴリズムにより、画面が自動的に切り替えられます。学生が自宅にいたとしても、ズームなどのオンライン会議ツールを通じて、教室にいるのと同様の授業を体感できます。

学修機会の確保と感染対策を両立するため、文科省は教室を利用する学生の数を本来の半分程度までに制限することを推奨します。面接授業と遠隔授業を同時に行うニーズが高まり、HIKVISIONのソリューションはキチンとこのニーズに応えます。
画面自動切り替え機能により、オンライン授業でも、先生の声と動作、黒板の文字など、全ての情報を見逃さないく、学習効率を高めます。授業を録画して配信、学生の反復学習と教師の授業改善にも活用可能です。

ClassInというオンライン授業専用のソフトウェアを利用することで、簡単に教室現場の状況をZoom、TEAMS、YouTubeなどにてライブ配信します。

ホワイトボード機能、双方向ミラーリング機能を備えています。スマートディスプレイを利用することで授業の効率が上がれば、先生の負担も軽減されます。

——————————————————————————————————————–
■​HIKVISION JAPAN株式会社について■
2019年に設立されたHIKVISION JAPAN株式会社(ハイクビジョンジャパン株式会社)は監視カメラ事業、アクセス制御、顔認証製品等の事業分野を柱とし、日本市場のお客様のニーズに応える幅広い製品やサービスを提供しております。今後は、EZVIZ、Hik Robot、Automotive Electronics、Intelligent StorageとHimicroをハイクビジョングループとして、「課題の解決を軸に、あらゆるソリューションを提供する」ことを企業理念とし、この使命を実現するために、「人々の安全性を高める」という価値を守ります。そしてこれらを礎に、グループ一体となり、日本顧客の未来創造に貢献していきたいと考えております。

お問い合わせ先
HIKVISION JAPAN株式会社
住所:東京都港区港南3-8-1 住友不動産品川港南ビル 4F
URL:https://www.hikvision.com/jp/
Tel: 03-6718-4916
Fax:03-6718-4919
Eメール:Xiaochen.Zhou@hikvision.com

参考文献:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000086913.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です