スタッフは必要?コワーキングスペース運営でのスタッフ活用法

コワーキングスペースの規模にもよりますが、スタッフが複数名いた方が効率よく運営ができることもあります。必要に応じてスタッフを雇い、よりよいサービスを提供するようにしましょう。

スタッフがいることのメリット

コワーキングスペースにスタッフがいることによって、運営者の負担を軽減することができます。スペース内の整理整頓を任せたり、感染症対策としての消毒・換気といった作業を頼むことができれば、運営者は自分の業務に集中できるようになるでしょう。

他にもスタッフがいることで新しい発想がわくこともあります。コワーキングスペースでのイベント開催や、利用者同士のマッチングといったサービスは、一人でやるよりも複数のスタッフで行なった方がうまくいくこともあるのです。

スタッフがいることのデメリット

スタッフを雇うと、その分人件費がかかります。給料だけでなく、社会保険料なども必要です。人件費がかかるので、スタッフを雇う場合には慎重になる必要があります。

コワーキングスペースでのアルバイトでは、積極さと自主性が求められることもあります。そのためコワーキングスペースそのものに慣れていない人や、業界のことに詳しくない人を雇うと思うような効果が得られません。

選考する場合には「コワーキングスペース運営に向いているかどうか」を見極めるようにしましょう。

スタッフの集め方

コワーキングスペースでのスタッフ集めで重要なことは、相手が「コワーキングスペース」という空間をどれくらい理解しているかどうかを見極めることです。

利用者にどのようなサービスを提供しているのかや、施設が存在することのメリットを広く理解している人はコワーキングスペースのスタッフに向いています。

「この地域で何かをしたい」
「仕事を通して人脈を広げたい」

このような動機で働く人を選ぶのがおすすめです。コワーキングスペースの雰囲気や運営方針を理解した人をスタッフとして雇いましょう。

■まとめ

コワーキングスペースでスタッフを雇うことには、自分の業務に集中できたり新しいアイディアが得られるなどのメリットがあります。一方で人件費などのコストがかかるのも確かです。スタッフを雇う際には、コワーキングスペースに対する理解のある人を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です