コワーキングスペースは変わらなければならない

 コワーキングスペースの信仰者は以前から、フレキシブルなオフィススペースを運営している企業は不況を乗り切ることができると主張してきました。その理由は、コワーキングスペースの顧客は不況時に利用スペースを小さくしたり、または解約できたりすることができる一方で、長期のリース期間がある従来のオフィススペースから、 いわゆるコワーキングスペースに縮小しようとする新規の顧客が見込めるからです。

実際、今回のコロナによる不況でのコワーキングスペースについて考察したいと思います。

コロナ禍でのコワーキングスペース

 コワーキングスペース信仰者が予想もしていなかったことが起きました。コロナウィルスです。他人との距離が近い場所で仕事をすることへの恐怖、危険性が出たのです。WeWorkに代表されるコワーキング企業は、このパンデミックの間、月単位の縛りしかない利用者が解約し、利用者が急速に減少しています。アメリカでも大手コワーキングブランドの多くがレイオフしていることから、業界が今、大きなプレッシャーを感じて苦境に立たされていることは間違いありません。

ただ、これでコワーキングは終わりなのかというとそうではないと思います。アメリカの専門家も「コワーキングスペースがもう終わりというわけではなく、一時的なものになる」と考えています。

コロナ危機以前には、多くの大企業が長期リースではなく、コワーキングスペースの柔軟な条件を利用するケースが増えてきていました。この傾向は今後も続くとういよりは、おそらくもっと急速に進むと思われます。

コロナウイルスによって、より多くの企業が急速な変化に対応できるように柔軟に拡大、縮小できるオフィススペースを探すようになると思われます。オフィススペースを極端に縮小する企業も出てくるでしょう。そうなった場合、コワーキングスペースはオフィス外で働くことになるリモートワーカーのための働く環境を提供することができるのです。

コワーキングスペースの変化

 では、いままでのようなコワーキングスペースでよいかというとそうではないと思います。生き残っていくためには変わっていかなければならないでしょう。コワーキングスペースは共同スペースやホットデスクのような共有設備があることが多く、みんながオープンな場所で隣り合わせで座り、物品を共有しています。

 コワーキングスペースの特徴であり、そして非常に収益性の高いこの共用スペースの在り方を見直さなければならないでしょう。1つの場所にできる限り多くの人を入れることは、以前のようには受け入れられないでしょう。通常のオフィスと同じように、コワーキングスペースの安全性を保つためには、仕切りやプライベートオフィスを増やしていくべきです。これはコワーキングスペースの売りのひとつでもある異なるチームや会社の人々と出会えるという機会が減ることになるかもしれませんが、仕方のないことです。

もともとアメリカではコロナ以前でも、よりプライベートなチームスペースとして利用することに傾いていました。企業は一区画や、ワンフロア全て、さらにはビルまでもリースするようになってきていました。

経済的にも安全衛生的にも不確実性があるアフターコロナの復興期に最も需要があるのはフレッキシブルでありプライバシーを提供するスペースになると思われます。フレッキシブルに利用できるコワーキングスペースが個室オフィスの提供や、非対面・非接触でのスペースの利用などプライバシーによる安全性を提供するように変化していくことが今後のコワーキングスペースの在り方になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です