コロナ禍でも新鮮な野菜を購入できる『ドライブスルー八百屋』仙台センターが再開!接触を抑えたサービス!

▼『ドライブスルー八百屋』とは?

「ドライブスルー八百屋」とは、最大限に人との接触を少なくした野菜の販売サービスです。

ドライブスルー方式のため、多くの人が触れた後の野菜に触る必要もなく、混雑した店で買い物をする必要もないため、消費者はコロナ禍でも安心安全な方法で買い物をすることができます。

緊急事態宣言の発出で、多くの飲食店の営業時間の短縮が延長となり、そこに農作物を搬入する農家の農作物が余り、廃棄処分という悲しい現実が存在します。

さらにはそこに関わる卸売、物流業なども協力金の対象にならないという大きな問題も背景にあります。そこで、宮城県に本社を持つ外食産業向けの青果卸売業を営む株式会社孝州と消費者と農家の懸け橋となる青果物流業を営む株式会社フードサプライが協力し、今回のサービスを始め、仙台センターも再開することになりました。

これは、消費者、販売者双方にとって大きなメリットが生じるため、大変魅力的なサービスでしょう。

▼『ドライブスルー八百屋』のメリット

『ドライブスルー八百屋』のメリットを紹介します。

メリット1:外食産業に食材を搬入している農家や卸売業者、物流業の生活を守ることができる。

緊急事態宣言の発出により、外食産業の時短営業が延長となり、そこに関わる多くの業者にも影響を及ぼしています。しかも国からは外食産業以外には協力金も出ないため、このサービスにより関係のある業者の生活を守ることができます。

メリット2:フードロス問題の解消ができる。

搬入予定だった農作物が余ったとしても、必要な人が必要な時に購入できるため廃棄されることがなく無駄がなくなります。

メリット3:ドライブスルーでの販売のため、最大限接触の少ない状態での買い物ができ新型コロナウイルス感染拡大を防ぐことができる。

消費者が混雑した店に行ったり、多くの人が触れた後の野菜の購入を避けることができ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことができます。

また、余った野菜を詰め合わせた、お得な「もったいない野菜セット」の購入も可能です。

4:ネットでの購入よりも割安

手数料や送料が発生しないため、お得に新鮮な野菜を購入できます。

▼『ドライブスルー八百屋』の利用方法

専用のホームページにアクセスすると、どのような野菜がいつどの地域でいくらで販売されるかがわかりますので、チェックし現場に赴くだけで、新鮮な野菜を購入することが可能です。

また、この販売は予約制で、前日17時までの予約で購入が可能になりますので、予約をお忘れないようにお買い物をお楽しみいただけます。購入時には車でお越しの場合、車から降りることなく購入したものを積み込んでもらえますので、最小限の接触での購入が可能です。

参考URL:https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です