コロナ対策に経営者がやるべきオフィス環境改善と個室オフィスなどの非接触ソリューションの必要性

新型コロナウイルス感染拡大で、今後のオフィス環境をどう変化させるべきか、多くの企業経営者が模索しています。
「感染予防対策に何をすべきか」「ソーシャルディスタンスをどのように保つか」「そもそも出勤は必要なのか」
などの考察と、個室オフィスなどのコロナ対策ソリューションの必要性を紹介します。

ポストコロナにオフィスは必要か?

ポストコロナにそもそもオフィスや会社への出勤は必要なのでしょうか。
結論から言うと、オフィスは今後も必要です。
なぜなら、全ての社員が在宅やテレワークの環境を整えることは今後も困難だからです。
つまり、企業の経営者は今後もコロナ対策を行いながら、オフィス環境を整えていく必要があります。
この記事では、様々なコロナ対策ツールや非接触ソリューションを見てきた筆者が、今後の経営者が考えるべきオフィス環境の作り方についてまとめました。

オフィスの感染防止にやるべきこと4つ

オフィスがコロナ感染防止にやるべきことを4つに分けて紹介します。

1 ソーシャルディスタンス、非接触

接触による飛沫感染が主な感染源となる新型コロナを予防するためには、社員同士の物理的な距離をとる必要があります。
常に2m以上の距離を保ち、必要以上に複数が集まって会話するタイミングを減らすことを意識しましょう。
接触回数を減らすためには、オフィス内でも連絡手段としてチャットツールなどを導入したり、クラウド管理を利用する手段があります。
さらに。オフィス内に個室ブースを複数設置することで、発声を要する会議などの際に個室ブース内で行うことが可能です。

2 人数制限、密度調整

オフィス内にいる社員の人数制限を設けましょう。
オフィス内の人数密度が高くなることで、新型コロナウイルス感染リスクが高まり、最悪の場合クラスターが発生する危険性があります。
企業の経営者として、一度に複数の社員が感染するクラスターは企業の評判や業績にも大きく影響を受けます。
具体的には、出勤する社員数を調整したり、オフィス内に仕切りや個室ブースを用意して密度を低くする対策が考えられます。

3 オフィス内の動きを制御

オフィスにいる社員の動きを制御しましょう。
コロナ以前のように自由に社員が動き回る環境では、コロナ感染リスクが高まります。
具体的には、通路を広くしたり、移動の際にルールを作るなどの対策が考えられます。
すでに、オフィス内の一方通行や、多人数での行動などのルール設計を行っている企業も増えています。

4 コロナ感染の疑いがある社員を遮断

新型コロナ対策に重要なことは、感染の疑いがある社員をオフィス内に入れない対策が必要です。
コロナ感染者の濃厚接触者になっていないかのチェック、自宅での検温はもちろんのこと、オフィス入り口での検温ツールの導入なども進んでいます。

今後のオフィスには個室ブースの需要が増していく

近年、仕切りが無いオープン型のオフィスが増加していたことで、個室ブースの需要が減少していました。
しかし、新型コロナウイルスの影響により、オープン型のオフィス内に個室ブースが多く設置されていくと予想されます。
社員同士のコミュニケーションや情報共有のためにネットツールの導入も当たり前になっていくでしょう。
これからの企業経営者は個室ブースをはじめとする非接触ソリューションを利用していくことを前提にオフィス設計をしていくべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です