コロナウィルスが普及を後押し!テレワークの導入率と企業の傾向

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、テレワークを導入する企業が増えています。自宅で仕事ができるテレワークは通勤の手間が省けるだけでなく生産性の向上などの効果も期待されている働き方です。今後も普及していくことが予想されます。

最近のテレワークの導入率や傾向についてこの記事では解説していきましょう。

テレワークの導入率は44.8%

「日本の人事部」の調査によると、テレワークの導入率は現在44.8%にものぼると言われています。未だ導入していない企業も少なくありませんが、約半分の企業がテレワークを導入しているということです。

テレワークの導入によってさまざまなメリットが期待できます。

例えば通勤は経済的なコストがかかるだけでなく、体力的にも負担をかけることがあります。通勤時の混雑は人間にとって強いストレスになることは多いです。結果として通勤によって生産性が落ちてしまいます。

自宅で仕事ができるテレワークは通勤のコストやストレスを解消するため、導入することによって生産性の向上する可能性があるのです。今後もこうしたメリットを狙ってテレワークを導入する企業が増える可能性があります。

大企業ほど導入している

ただし、テレワークの導入率は企業規模によって差があるのも事実です。従業員数が1,000人以下の企業では導入率が30〜40%前後であるのに対して、1,001人以上の企業では導入率が70%を超えています。

現時点では従業員数が多い大企業ほどテレワークを導入しているということです。中小企業と大企業では導入率に開きがあります。

日本の企業の99.7%は中小企業です。もちろん全ての企業がテレワークを導入できるわけではありませんが、今後中小企業がどのようにテレワークを導入していくかによって日本の働き方は変わることが予想されます。

背景には新型コロナウィルスの感染拡大が

テレワークが普及した背景には新型コロナウィルスの感染拡大があります。感染症が流行る以前からテレワークを導入していた企業も存在しますが、流行し始めてから感染症対策として導入した企業も少なくありません。

特にここ1年以内にテレワークを導入した企業のほとんどがコロナ対策とも言われています。

新型コロナウィルスが流行する前から働き方改革は進められていましたが、結果としてコロナが日本人の働き方を大きく変えたという見方もできます。

まとめ

テレワークは生産性の向上などの期待ができる働き方でもあります。新型コロナウィルスの感染拡大を受けて導入する企業が一気に増加しました。今後も中小企業を中心に導入率が高まる可能性があります。

参照:https://jinjibu.jp/article/detl/hakusho/2306/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です