コロナの影響で会社員によるコワーキングスペース需要が高まる

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、リモートワークやテレワークを導入する企業も増えてきました。このような中ではコワーキングスペースにも新しい需要が生まれつつあります。

従来はコワーキングスペースの利用者の多くはIT系の業種に勤める人や在宅で仕事をしている個人事業主でした。しかし今後は会社員からの需要も高まることが予想されます。

全ての人が自宅で仕事ができるとは限らない

「満員電車に乗らずに仕事ができるなんてとても快適だ」

リモートワークが導入されたことによってこのように感じている人もたくさんいます。かといって全ての人が自宅で仕事ができるというわけではありません。

長時間パソコン作業をするためには、適切なデスクと椅子が必要になってきます。ダイニングテーブルと椅子で長時間仕事をすることは、体に負担をかけます。しかしこうした設備を自宅に用意していない人は多いです。

また、子供がいるなどして仕事に集中しにくいという人も少なくありません。ミーティングの最中に子供に邪魔されてしまうなどのトラブルも起きます。

今後人々の働き方も変化することが予想される

コロナウィルスの感染拡大以前から、副業を解禁する企業も増えてきました。政府も副業を推進しています。こうした中で人々の働き方も変化するでしょう。こうした中で会社での仕事の後に副業ができる場所を求める人も増えています。

会社員同士の異業種間の交流が活発になることで、会社が新しい形によって売り上げを獲得できるようになる可能性もあります。

会社員にとってのコワーキングスペース

全ての人の自宅に仕事ができる環境があるわけではないのです。こうした点に着目することで、コワーキングスペース運営の新しい可能性に気づけます。

また、コワーキングスペースを利用すると異業種間との交流も生まれます。会社員であっても異業種と交流することで新たな発想や仕事が生まれる可能性があるのです。コワーキングスペースは会社員にとってもキャリアアップのチャンスがある場所になります。

まとめ

政府による働き方改革とコロナウィルスによる影響を受けて、今後は会社員の間でもコワーキングスペースの需要が増えてくることが予想されます。会社員からどのようなニーズがあるのかを把握した上で運営に生かしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です