クレームにつながる恐れも!レンタルスペースの清掃は徹底しよう

レンタルスペース運営ではスペース内の清掃が非常に重要になってきます。清掃が行き届いていないとクレームにつながる恐れもあります。逆に清潔なレンタルスペースであれば顧客満足度が高まるので、きちんと清掃をすることは集客にも効果的です。

しかしスペースを清掃する場合ももちろんコストがかかります。コストとのバランスを見た上で運営をするようにしましょう。

定期的な清掃チェックが必要

貸し会議室やセミナー向けレンタルスペースの運営では定期的な清掃チェックが必要になってきます。1日の営業後には掃除機をかけるなどの清掃を行うようにしましょう。

清掃を行う際には備品の配置や消耗品の状態などもチェックしてください。前の利用者が備品を移動したままだと、次の利用者が必要な備品を利用できない場合があります。ホワイトボードのマーカーやトイレットペーパーといった消耗品のチェックも忘れないようにしましょう。

レンタルスペースを清掃する時間は、商品であるスペースの状態に気づく機会でもあります。問題点に気づき、改善していくことで、顧客満足度を上げられます。

パーティースペースは利用者が入れ替わる度に掃除をしよう

飲食ができるようなパーティースペースの場合は利用者が入れ替わる度に掃除をするようにしてください。利用規約で利用後の清掃をお願いしている場合でも掃除が必要です。

どうしても素人の清掃では限界がある場合があります。スペースの衛生を保つためにも、パーティースペースのような食品を扱う空間ではこまめに掃除をしなければなりません。掃除をすることは感染症対策にもつながります。

無人運営のレンタルスペースでは掃除道具を常備しておく

スタッフが常駐していない無人運営のレンタルスペースでは、掃除道具をある程度スペース内に常備しておくのもおすすめです。スタッフが清掃に入る際に効率的に作業ができるようになるだけでなく、利用者が必要に応じて室内の清掃ができるようになります。

雑巾やバケツ、室内用洗剤などをスペース内に常備しておきましょう。無人運営のレンタルスペースであっても清潔さを保ちやすくなります。

まとめ

レンタルスペース運営において清掃は非常に重要です。顧客満足度に大きな影響を及ぼします。コストに見合った清掃ができるよう工夫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です