カラオケでテレワーク!ビッグエコーの完全個室ブース「オフィスボックス」を紹介

カラオケルームとして全国500店舗を展開している「ビッグエコー」は、防音・遮音という元々の特性を生かしてカラオケルームをテレワークスペースとして利用できるサービスを提供開始しました。
新型コロナウイルスによる、テレワーク需要増を見込んだサービスです。

ビッグエコー「テレワークスペース」の概要

利用者は、カラオケボックス「ビッグエコー」のカラオケルームをそのままテレワークスペースとして利用可能です。
全国に展開しているため、駅の近くなど好立地でのテレワークが可能となります。

カラオケルームでテレワークをするメリット

ビッグエコーのテレワークスペースでは、仕事に必要な以下の設備が利用できます。

<設備>
・完全個室
・モニター
・フリーWiFi
・予約不要
・飲み放題付き

<利用シーン>
・周囲の環境を気にせずテレワーク
・Web会議
・リアル会議
・プレゼンテーション

テレワークプラン料金

基本プラン:600円(60分)
5名以上会議室プラン:2,500~4,000円(60分)

法人用経費生産アプリにも対応

会社の経費として、このテレワークスペースを利用する場合、アプリで法人用の決済が可能です。
経費の精算処理にかかる時間やコストを削減可能です。
社員がオフィスへ移動する時間や感染リスクを抑えられ、スキマ時間を使って仕事を進めることが可能になります。
アフターコロナは働く環境が大きく変化すると予想されます。
カラオケボックスを利用した完全個室オフィス「オフィスボックス」を試してみてはいかがでしょうか。

運営会社概要

社名:株式会社第一興商
本社所在地:東京都品川区北品川5-5-26
公式ホームページ:https://big-echo.jp/officebox/
提供元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000527.000014607.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です