ウォークスルーで体温とマスク着用確認が可能!新たなAI認証端末とオフィスの今後

新型コロナウイルス感染拡大により、特にオフィス環境での体温測定ができるツールが続々とリリースされています。
飛天ジャパン株式会社(東京都中央区)は、ウォークスルーで体温測定機能とマスク着用確認ができるAI認証端末を提供開始しました。

AI認証端末「SpeedFace-V5L / ProFace X [TI]の特徴

このk AI認証端末の利用者は非接触、かつタッチレスでスマートに体温検知が可能です。
さらに、異常体温を検知した際にアラームと表示によるお知らせ機能が利用可能です。
認証速度は、0.4秒と高速で最大120cmの距離からも認識可能です。

AI認証端末をオフィスに導入するメリット

この「SpeedFace-V5L / ProFace X [TI]」をオフィスに導入することで、オフィスに入室する社員や来客に対してマスク着用を自動で確認したり、体温異常の社員と来客者の入室を規制することも可能です。
オフィス利用を想定してあるため、既存APIと連携してオフィスを出入りした記録を保存し、管理することも可能です。

アフターコロナのオフィス向け検温機器の今後

緊急事態宣言が終わり、コロナ以前と同じように出社するオフィスが増加しています。
そんなオフィスでの新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、複数の企業からAI認証を導入した検温機器がリリースされています。AI認証機器という新たな市場を取り込むためには、「非接触・タッチレス・顔認証・勤怠管理」の4機能は必須だと考えられます。
なぜなら、非接触・タッチレスでなければ通常の検温と変わらず利便性を感じられないからです。

そして、顔認証・勤怠管理ではオフィス内での社員同士の接触を減らすことができ、管理コストをカットできるというメリットがあります。今後シェアを獲得できるのは以上の機能が搭載された機器だと考えられます。これから導入を検討している経営者の参考にしていただければ幸いです。

運営会社概要

社名;飛天ジャパン株式会社
住所:〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANAL TOWER 4F/7F
公式ホームページ:https://ftsafe.co.jp/products/speed-pro-face/
画像提供元;https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000055383.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です