イベント「テレワークタウンしらかわ」の参加店が増えました!11月15日、新たに「健康増進施設ウェルネスジムKANAHA」が加入。

「健康増進施設ウェルネスジムKANAHA」は、医療法人が運営するフィットネスクラブです。メディカルスタッフのバックアップで、より安全に体を動かすことができます。また、メディカルと連携し個人にあったプログラムをご提案、サポートします。テレワークの合間でも効率的に効果のある運動を。気分転換にも良いです。

ウェルネスジムKANAHAウェルネスジムKANAHA 場所や時間にとらわれない働き方「テレワーク」や「地方への移住・定住」への関心が高まる中、福島県白河市を中心とした県南エリアでは、首都圏からの近さや豊かな自然の魅力を味わえる「テレワークタウンしらかわ」という新たなビジネスライフスタイルを推進しています。「テレワークタウンしらかわ」は普段の仕事場や自宅ではなく、JR新白河駅周辺のテレワークに適した施設を利用し、周辺地域の観光や文化、食の魅力も味わえる「ワーケーション」の促進も図っていて、非日常空間でのいつもの仕事が、新たな発見を生み出すのではないでしょうか?

テレワークテレワーク 県南エリアは、東北新幹線を利用すればJR東京駅からJR新白河駅まで最短片道約70分で来ることができ、首都圏からの立地も良好です。急に出社しなければならない時も安心で、リモートワークには便利な地域です。JR新白河駅のすぐそばには、白河ラーメンをはじめ美味しい食べものや豊かな自然があり、充実したリモートワークができます。一歩足を伸ばせばレジャーも満喫できるコンテンツが充実しており、ワーケーションを楽しめること間違いなしです!日常とは違う環境で「地域」や「人」や「こと」とつながる働き方を提案しています。初めていらっしゃる方でも困らないように、宿泊施設やコワーキングスペース、飲食店などの情報を「ラクラスしらかわ(https://twts.rakuras.jp/)」に掲載しています。参加店に新しく「健康増進施設ウェルネスジムKANAHA」が加わりました。お得な特典も用意していますので、是非ご利用ください。

 福島県は現在、ふくしま「テレワーク×くらし」体験支援補助金制度を実施しています。福島県外在住者が、福島県内でのテレワークで掛かった宿泊費や交通費などの費用の4分の3を補助しています。ご活用ください。
詳しくはhttps://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11025b/teleworkijuhojo.html

 「テレワークタウンしらかわ」に関する詳細は福島県県南地方定住・二地域居住相談所「ラクラスしらかわ」https://twts.rakuras.jp/に掲載している。問い合わせは福島県県南地方振興局企画商工部地域づくり・商工労政課 電話0248-23-1546へ。

参考記事:https://prtimes.jp/my_social/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=89798&release_id=4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です