アフターコロナの世界でコワーキングスペースの共有部に起こる変化

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、オフィスのあり方も変化することが予想されます。オフィスのあり方が変化するにつれて、オフィスの共有部分に求められる機能も変化しています。

コワーキングスペース・シェアオフィスの運営では、こうしたオフィスの変化をいち早く取り入れ対応していかなければなりません。どのような変化が求められるのかをこの記事では解説していきます。

コミュニケーションが活性化する工夫がもとめられる

アフターコロナの世界では、従来のコワーキングスペース・シェアオフィスよりもさらにコミュニケーションが活性化するような工夫が求められます。

同業者同士のコミュニケーションだけでなく、異業種間のコミュニケーションが生まれるような環境がアフターコロナの世界では必要なのです。異業種の人といきなりコミュニケーションをとることは多くの人にとって簡単ではありません。それを容易にするような雰囲気づくりがスペース運営には求められます。

リラックスしながら働ける場所にも需要がある

単なる個人の作業集中スペースだけでなく、コワーキングスペースやシェアオフィスの共有部分にはリラックスして働ける雰囲気が求められます。コーヒーを飲みながら作業をしたり、ソファーに深く腰を下ろすことができるといった雰囲気です。

リラックスしながら仕事ができる雰囲気を作ることで、上記のコミュニケーションの活性化もはかれます。真面目なミーティング場所だけでなく、リラックスしながら作業ができる共有スペースも用意しましょう。

コロナウィルスの影響で新しい需要が生まれる

新型コロナウィルスの影響で、今後コワーキングスペース・シェアオフィスにも新たな需要が生まれる可能性があります。

アフターコロナの世界では、オフィス1つあたりの占有面積が狭くなることが考えられます。リモートワークなどの導入によって、必ずしも社員全員が同じ時間に同じ場所にいるわけではなくなるためです。

このような場合、リモートワークができる環境としてコワーキングスペースなどに需要が集まる可能性があります。企業が積極的に従業員にコワーキングスペースの利用を勧めることもあるかもしれません。

まとめ

アフターコロナの世界では、コワーキングスペース・シェアオフィスにも新しい需要が生まれることが予想されます。こうした需要にこたえることで収益をあげるチャンスが得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です