どんなニーズがある?展示会会場としての貸し会議室運営のポイント

コストを削減しながら展示会が開催できることから、貸し会議室を使いたいという業者も存在します。会議やミーティングだけでなく、貸し会議室には幅広い用途があるのです。

展示会需要に対応するためにはいくつかポイントがあります。以下に紹介するポイントを意識して貸し会議室を展示会向けにプロモーションしていきましょう。

ブースの間に仕切りを作れるようにする

展示会では複数の企業がブースを構えて自社製品をPRします。そのため複数の企業が隣り合っていても商談ができるように仕切り(パーテーション)を用意する必要があります。

貸し会議室を展示会向けにプロモーションするのであれば、パーテーションを用意する必要がある場合があります。企業側が用意することもありますが対応策を考えるようにしましょう。

必要なテーブルの数を把握する

通常の会議やセミナーとは違う使い方でテーブルが利用されることがあります。展示会向けに貸し会議室を貸し出す場合はテーブルの数にも配慮するようにしましょう。

重たいものが載せられる可能性もあるので十分な耐荷重を備えたテーブルが必要なこともあります。

ガムテープやカッターなどの備品があると便利

製品を展示するにあたって、ガムテープやカッターが必要になることもあります。作業に必要な備品をあらかじめ用意しておくと顧客満足度を高められます。

ガムテープ、ビニールテープといったオフィス消耗品やマジック、カッターなどの文具を用意しておくのがおすすめです。

感染症対策をする

昨今のコロナ禍の影響で展示会の開催機会も減りましたが、展示会は今でも企業にとって重要なビジネスチャンスです。感染症対策をしながら開催する必要があります。

貸し会議室で展示会を開催する際も、感染症対策が必要です。人同士が密にならないよう配慮し、消毒などを徹底するようにしましょう。

まとめ

大きな会場で開催する場合とは違い、貸し会議室で展示会を開催することにはコスト削減などのメリットがあります。コロナウィルス感染拡大の影響を受けて今後も展示会会場としての貸し会議室需要は高まっていくでしょう。利用者のニーズを理解してプロモーションを行うようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です