いつでもどこでもプライベート空間「プライベート用ボックス」発売開始

新型コロナウイルスによって、テレワークや在宅ワークの増加、そして共用できる個室ボックスの設置が増加しています。
電気設備向けや情報通信向けキャビネットなどを製造している日東工業株式会社(本社:愛知県長久手市)は、ものづくりの技術を活かした新製品「プライベート用ボックス」を9月8日から発売しています。
この記事では、プライベート用ボックスの特徴を紹介していきます。

▼「プライベート用ボックス」の特徴

特徴1:搬入・設置
一般的な荷物用エレベーター(出入口高さ2,100㎜)で搬入可能です。(本体と屋根ユニットの分割構造)
また、キャスターとレベルフット付きで、設置場所までの移動、設置も簡単。

特徴2:換気性
設置された換気ファンにより、空気を循環させて室内の温度上昇を抑えられます。
暑い夏場や利用可能で感染症対策にも有効となるでしょう。

特徴3:防犯・防音性
ボックスの運用管理やセキュリティー用に鍵を装備しています。
また、ボックス内部に設置された吸音パネルにより、内側から外側、外側から内側への音を約20dB低減します。Web会議やオンライン通話などでも周囲を気にせず利用できます。

特徴4:防火性
天井、壁、扉などの内装は不燃仕様となっています。
プライベート用ボックス実機にて消防法に対応した消火試験も実施済。より安全に、ビジネス向けの個室として最適です。
また、天井に下方放出型消火装置(熱感知式)も装備しています。
個室空間だからこそ、注意すべき災害対策や火災対策もこのボックスひとつで可能です。

▼「プライベート用ボックス」仕様
横:1,200mm
高さ:2,275mm
奥行:1,100mm
重さ:約270kg
標準価格:898,000円

標準装備:
・鍵
・LED照明
・USBポート、コンセント
・テーブル
・換気ファン
・消火装置

▼「プライベート用ボックス」の利用シーン

・オフィス内の集中スペースのために設置
・コワーキングスペース、テレワークスペース内の設置
・マンションやオフィスビルの共用部での設置

デザイン性の高さや豊富なカラーバリエーションにより、数多くの利用シーン適しています。共有スペースやテレワーク時の集中空間としても利用できるでしょう。

▼運営会社概要
社名:日東工業株式会社(NITTO KOGYO CORPORATION)
設立:1948(昭和23)年11月24日
取締役社長 COO:黒野 透
本社所在地:〒480-1189 愛知県長久手市蟹原2201番地
公式ホームページ:https://www.nito.co.jp/
画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000063241.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です