あらゆるところに隠れた「8」。 遊び心溢れる、町唯一のテレワーク施設「むすぶテラス」

揖斐川・長良川に挟まれ、のどかな田園風景が広がる岐阜県安八町。人口約14000人の小さな町に、2022年4月1日テレワーク施設「むすぶテラス」がオープンしました。

施設の名前は、「結」という地名からつけられたとのこと。施設内は優しい色合いと開放的な空間で、地域住民の集いの場にもなっています。今回、施設の特徴や町が施設を設置したへの背景などを安八町役場の方に伺いました。

■安八町ってどんな町?

安八町は、岐阜県の西南に位置し、田園風景が広がる一方で岐阜県有数の都市に囲まれた町です。そのため、コンパクトでありながら、病院やショッピングモールなどにも行きやすく、生活しやすいという特徴もあります。
また、平成30年3月24日には、名神高速道路へ直結する安八スマートインターチェンジが開通。都市圏がより身近になり、企業立地の候補地として更なる注目を浴びています。


■町唯一のむすぶテラスとは
そんな安八町に、町唯一のテレワーク施設が誕生。「結び、照らす、地域に開けたテレワーク施設」をコンセプトに、「Working(企業/働く)」と「Local(地域住民)」を結ぶ場所となっています。施設のコンセプトの立案、設計、施工は、空間づくりを通して地域活性化支援を行う「株式会社スペース(https://www.space-tokyo.co.jp/)」が手がけています。

施設は、2フロアで構成。サテライトオフィス、コワーキングスペース、コミュニティスペースと分かれています。また、軽運動場も併設されており、子どもから大人まで地域活動の場や避難所としての役割も担っています。ロッカーや更衣室、授乳室など設備も充実し、誰もが心地よく過ごせる空間です。

▶︎1階

地域住民をはじめ多様な方が気軽に利用できる、地域コミュニティの場として、ユニバーサルデザインに配慮し、フレキシブルでオープンな空間が提供されています。

・コミュニティスペース(無料):28席

開放感溢れるコミュニティスペースで、誰もが気軽に入りやすい空間。休憩以外にも、ワークショップやセミナーも行えるフレキシブルなオープンスペースです。無料なので、近くの学生が学校帰りに勉強をするなど、幅広い世代に活用されています。

・エイトスペース(無料):22席

安八町の「8」にちなんで名付けられたこのスペース。地域の人も使えるこのスペースは、カウンター席・テーブル席など構成されています。

こちらのスペース以外にも、あらゆるところに漢字や数字の「8」の文字が隠されています。

その他、ミーティングルームやコミュニティキッチン、プレイスペース、テラスも利用可能です。

ミーティングルーム

コミュニティキッチン

テラス

▶︎2階

2階は都心に企業を構える方々から地域のワーカーまで、居心地良く、集中できる快適なワークスペースが提供されています。

・コワーキングスペース:28席

クリエイティブな作業や、コミュニケーションなどワークライフインテグレーションを提案する場を創出。外を眺めながら作業できるカウンターや半個室のテレブースも設置。

・サテライトオフィス:3部屋

1企業で専有できる完全個室タイプのオフィススペース。専用カードキーで24時間365日利用できます。

※残り1部屋(2022年7月現在)

・ミーティングルーム:6席

来客を交えた企業の会議から、地域住民の寄合など、さまざまな人が使える会議室。会議用ディスプレイもご利用いただけます。

安八町内外の人たちを結ぶ施設にしたい

お話を伺ったのは、安八町役場企画調整課の河田さん。この施設のどの場所にも思い入れがあると語ってくださいました。

ー安八町がこの施設を立ち上げた経緯を教えてください。

この施設は、元々平成元年に開設された勤労青少年ホームなんです。

全国的に人口減少問題が課題となる中、安八町も出生率の問題や若者が町外に出ていくという課題を抱えています。コロナ禍で移住や関係人口などが注目されるようになり、安八町でも何かできることがないかと考えていました。

そこで、老朽化が進む勤労青少年ホームをリニューアルし、リモートワークの方を受け入れる体制を整えることで、町内外の人でコミュニケーションが生まれる場所を作りたいという思いから動き始めました。

ー実際オープンしてみて反響はいかがでしょうか?

元々閉鎖されていた施設だったので、町の人からも「復活したらいいよね」という声をいただいていました。リニューアルしたことで、仕事や勉強の他、地域活動などで、子どもから高齢者まで多くの町民の方に使っていただいています。役場が設置した施設ですが、行政っぽくない親しみやすいデザインを意識しました。

サテライトオフィスは、3つのうち2つは県外と町外の企業に活用いただいていますね。

全てのスペースに思い入れがあるのですが、特に椅子は、仕事が捗りやすいようにこだわったポイントの一つです。

ーこれからどんな場所に育ってほしいですか?

まずはこの施設をきっかけに、安八町をたくさんの人に知っていただきたいです。小さな町ですが、だからこそこれから進化していく可能性を秘めていると思うんです。安八スマートインターチェンジが開通したことで、その周辺も賑わっていく予定です。

まだまだ始まったばかりの施設ですが、町外の人との接点をもつ流れが少しずつでき始めています。たまたま隣町からきた人と県外の人が出会って新しいことが生まれたら嬉しいですね。また違う人にも紹介してもらえるような場所になったらいいなと思っています。

縁結びにご利益のある「結神社」や1200本以上の梅が咲き誇る「安八百梅園」など、隠れた魅力が詰まった安八町。ぜひ「むすぶテラス」をきっかけに、安八町に足を運んでみてください。

【むすぶテラス 概要】

所在地:岐阜県安八郡安八町東結1561番地

開業日:2022年4月1日

URL:https://www.town.anpachi.lg.jp/musubuterasu/

■料金体制

・コワーキングスペース

日額:1,500円

月額:5,000円

・サテライトオフィス

月額:55,000円〜88,000円

※部屋の広さによる。

・ミーティングルーム

1時間550円(1階・2階とも)

※その他HP参照

■営業時間

営業時間:9時~21時

休館日:月曜日

電話番号:0584-62-6655​​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です