【独自開発】セルフドロップインシステムのコワーキングスペース「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」がオープン

▼コワーキングスペース「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」とは
「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」は、2020年11月1日(日)に神保町・水道橋エリアでオープン予定のコワーキングスペースです。
一人一人の「和」がより良い明日を創造することがコンセプトとして生まれました。ドロップイン利用でのテレワークスペースとしてだけでなく、千代田区アドレスのサテライトオフィスとしての利用も可能な施設です。

▼「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」施設紹介

1:セルフドロップインシステムのコワーキングスペース
「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」ではタブレットを用いたセルフチェックインシステムを独自開発しています。
そのため、ドロップインチェックインから精算までを利用者だけで完結可能です。
新型コロナウイルスによる非接触ソリューションの増加や、今後の需要も増えていくことからも完全非対面のコワーキングスペースは話題を集めるでしょう。

2:充実したサービス
「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」では、一般的なコワーキングスペースには見かけない設備やサービスが多くなっています。
主に下記のサービスあります。
・小物類(ブランケット・デスクライト・充電器・ホワイトボード・延長コード・文房具)
・レンタルロッカー(有料)
・スナック、軽食の販売(すべての商品でキャッシュレス決済に対応)
・フリードリンクコーナー(コーヒーから各種ジュースまで)

3:千代田区の好立地
東京都千代田区という好立地なため、地下鉄・JR含めて全部で7路線が利用可能です。
JR水道橋駅、地下鉄神保町駅から徒歩5分、飯田橋駅、九段下駅からも徒歩7分でアクセス可能となっています。
住所オプションを利用すれば、千代田区を会社の住所として登録し、利用することも可能です。スタートアップ企業や個人事業主にも嬉しいサービスでしょう。

4:女性利用者にも快適な空間を用意
コワーキングスペースやテレワークは、女性よりも男性を意識した空間づくりが一般的です。不特定多数の人が出入りする空間は、抵抗のある女性も多いでしょう。
「Work Lounge WACRÉ(ワクレ)」では、女性利用者にも快適な空間を用意できるように、トイレに化粧直し用の大きな鏡を設置したり、内装を優しい色の仕上がりに変更。小物や利用可能サービスも女性を意識した内容が揃っています。

▼店舗・運営会社概要

・店舗概要
店名:Work Lounge WACRÉ
所在地:東京都千代田区神田三崎町三丁目1番1号
営業時間:
・ドロップイン:午前7時〜午後10時(最終チェックインは午後9時まで)
・会員(種別による):24時間
定休日:原則なし
公式ホームページ:https://wacre.co.jp/

・会社概要
会社名:株式会社WACRE
所在地:東京都千代田区神田三崎町三丁目1番1号
代表者:高橋迪悠
設立:2020年9月2日
画像引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000065675.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です